« 2015年3月 | トップページ | 2015年9月 »

2015.05.23

エニカの腕時計が復活しました!

Enicar

きのう、とてもうれしいことがありました。祖母の腕時計が復活したのです。それはエニカという舶来?!のスイスの時計で、もう50年も60年も前の時計だと思います。エニカ時計は、その昔、日本でもよく売られていたそうで、シンプルで実用的な普通の時計です。3年前に実家に帰った時に私が見つけて、「もらっていい?」とお願いして、母から祖母の形見を譲り受けました。普通がとても特別に思えたんですよね。

その後、飛行機で松山と東京を2度目に往復した時に、気圧の関係でしょう、ガラス部分が飛んでしまって修理に出すことに。そのまた後には、今度は東京でもガラス部分が飛んでしまって、2度目の修理に出すことに。

そして、一たんは直ったものの、やがて、秒針がある日、動くなくなってしまったのです。

このエニカ時計も、まさか田舎から東京に来るとは思ってなかったでしょう。故郷を出たくはなかったのかもしれません。私が無理いって東京に連れ出したから壊してしまったと後悔したけど、後悔先に立たずでした。

もう何十年も前の古い時計だし、私が飛行機に乗ったりしたから、もうだめだろうなとあきらめかけていたんです。

でも、この5月に、やはり復活させたい、多少費用がかかっても、もう一度動いてほしい、祖母の時計を身につけたいと思うようになり、近くの時計屋さんに修理をお願いしていたのです。

時計屋の方は、この時計、見た目は何ともないけれど、中が相当汚れているから、メンテナンスしたほうがいいですと勧めてくれたので、2週間ほど預けて、中のクリーニングも含めて、修理をお願いしました。

この2週間は、大丈夫と思う気持ちと、もう無理かもなという思う気持ちが半々あって、落ち着かなかったのですが、修理が終わりましたと連絡をいただき、対面して、動いているのを確認した時には、ほんとにほんとにうれしかったです。

母を勇気づけるためにも、どうしても復活したかったのです。祖母の元気をもっと思い出したかったのです。

今、再び復活したこのエニカ時計。よくよく見ると、土星がシンボルマークになってます。リングよ回れ。現実を生きてってことですよね。このまま私が持っていていいものか。母に聞いたら、私が持っていていいと言うに決まっているんですが、、、聞いてみようと思っています。

きょうもよい一日を!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年9月 »