« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.09.16

「ショコラ」ふたたび

51xyacwj44l

きのうBSで「ショコラ」を再び観ました。

前に観て記事を書いたのは2005年3月。

http://chiiko.cocolog-nifty.com/chiiko/2005/03/post_71.html

店の扉はいつも開いていて、誰でも出入り自由。 誰が来るかは、その日その時にならないとわからない。 誰も来ない日もある、にぎわいの日もある。 来るもの拒まず、去るもの追わず。

ジュリエット・ビノシュとジョニー・デップが愛の放浪者を演じています。

店の扉が、彼女の心の扉の象徴として描かれています。

この映画ってハッピーエンドだったかしらと、昔の記憶を思い起こしながら、でも完全には思い出せずに、わくわくドキドキ、せつなくなったり、ときめいたりしながら、2度目観ました。

8年ぶりですからね。

大まかな筋や思い出の細部は覚えているけれど、忘れてしまっているところも多いです。

いい映画だったから、2度目も観たいし、2度目に観て、また新しい思いが生まれてきます。

─────── ◇ ───────

この映画のもう1つのメインテーマは、旅。今回、強く思いました。

旅する人がたくさん出てきました。長いこと帰ってこない人もいます。新たに旅に出る人もいます。

家のなか、村のなか、ひとところで旅をしている人もいます。

人は帰るために旅をする。ふたり、たどり着いてよかったねと、思いました。

─────── ◇ ───────

ビノシュとデップの心の扉、私とあなたの心の扉。

きしむ扉の音。直しても直せない扉。

あれから随分時が経ちました。旅にもたくさん行ってきました。もしかしたら時が直してくれたかも。

扉、再び開けてみたい気がしています。

─────── ◇ ───────

きょうもよい一日を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »