« 落ちても落ちなくても無事に元気に生きて帰ってこられた日 | トップページ | ~風薫る五月よ~ »

2011.04.06

横浜day!

◇野毛山動物園から見たランドマークタワー◇
110401_130048_34月1日に横浜に行った。大震災から3週間目の金曜日。ありがたいことに直接には被災しなかった私は、震災後の日常をいつもどおりに生きていけているけれども、やはりそれまでとは明らかにどこかが違っているいつもどおりの日常に(どこがどう違ったかは明確に言えないけれども)、慣れきれない生活が続いている。
この日は野毛山動物園に行った(15年ぶりぐらいか)。桜木町の駅を降りて野毛の坂を上っていくうちに、子供たちの声や姿が多くなってきて、ほんとのどかな行楽地の風景。そこだけ何事もなかったかのような、地上とはまるで別天地だった。動物園に入るとその感覚はもっとリアルに私を包み込み、動物たちや子供たちの発散する生の匂いとエネルギー、春の陽気が一体となって、私は心身ともにモワモワと癒されていった。

みんな癒されたかったんだろうな、癒したかったんだろうな。
私より長生きするだろう子供たちや動物たちに、絶対確実に長生きしてほしいと切に願います。

110401_133917野毛山動物園の後、紅葉坂ちかくの掃部山公園に行った(ここは初訪)。ここからもランドマークタワーが見えた。ここの広場でも子供たちが遊んでいた。鬼ごっこしたり、サッカーしたりキャッチボールしたり。絵を描く大人たちもいた。私たちはベンチに座って缶コーヒーを飲んで、ぼーっとしていた。

みんながそれぞれの場所でどこかにいて。きっと思うことは人それぞれだろうけど、人ごとの幸せがある、そしてそれは意識、無意識でつながっている、と改めて思った。

追記すると、私は横浜に10年間住んだ。いいことも悪いこともあったけど。すべては必要だから起きたこと。今の私に至る道だった。今でも横浜へは月に二三度行く。友達に会いに行ったり、学びに行ったり、散歩しに行ったり、どこかへ行く通過ポイントだったり。私とは少し離れところにあってくれて、私にちょうどいい街な気がする。ありがとう、大好きだよ、横浜。

|

« 落ちても落ちなくても無事に元気に生きて帰ってこられた日 | トップページ | ~風薫る五月よ~ »

コメント

お久しぶりです。

前にお話ししたようにも思いますが,横浜には以前約10年間「在籍」していました。「在籍」などと言うのは,その間約1年半テキサスに居たからです。

野毛山動物園は確か一度いったかなあ?ランドマークタワーは上らなかったかなあ?(妙なことを思い出しました。当時,通っていた上大岡駅前のジオスで,「landmark」をテーマに話していて,Ainsley Moor先生が「ランドマークタワーのことじゃあなくて」みたいに言っていたことです。)

今は福島市に住んでいます。放射線のことをひどく心配している人もいます。なも には,敢えて悪い情報ばかり集めることが「賢い」と思っているように,政府や東電がすべて嘘を言っているように言うことが「識者」であると思っているように,感じられますが,もしかしたらその「わあ大変!」と騒いでいる人たちが「正しかった」ということになるのかもしれません。

でも,もし福島市まで「避難」が必要になったらそれこそ大変なことになるはずで,努めて冷静に対応しようと思っています。

投稿: なも | 2011.04.06 23:38

なもさん、おはようございます!
ご無事で何よりです。何が正しくて何が間違っているかは、当事者でもわかっているようでわかっていないことや時がありますかね?!
震災後の私の生活は、ほとんど表面上は変わっていません。普通どおりに生活ができています。でも、何かが違っている。私たちの世の中のありよう、でき方を見る目が変わったように思います。でも、それはいいことなのでしょう。変わらなければ私たちは生きていけないのですから。

横浜のどこかでお会いしていたかもしれませんね。横浜ランドマークタワーへはよく行きますが、近くで見ることが多かったです。わりと遠くにこんな感じに見えたので新鮮でした。

私の心のランドマークは何だろうと、ふと今思いました。

訪問&コメントどうもありがとうございます。きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2011.04.07 06:29

こんにちは。

最近は停電もないので、うちも普通に過ごしています。
でも、やはり何か違いますよね。
いろいろな意味で、今までのような生活ができなくなった人が多すぎるからでしょう。

人生ってのは、本当に計画通りにはいかないものですね。
絶対に安全、絶対に安心ということはないんですね。

でも、どんなことになっても「これでいいんだ」と思えるようになったらスゴイですね。
被災もしていない人間が言えることではないですが、被災した方々はほかの人たちよりもスゴイ人になって生きていかれるのではないかと思います。

そして、みんながスゴイ人になれるように、どこかで応援できたらと思います。

投稿: ケララ | 2011.04.07 10:31

ケララさん、おはようございます!
万物、何においても原因と結果の法則が当てはまるとして、
どうして一方で被災した人がいて、一方で被災しなかった人がいて、
生きている人がいて、生きてない人がいるのかしらと考えると、
答えは出ませんね。きっとそれが自然なのでしょうね。巡りめぐって、万物は流転するんだと思います。

私の人生にも光と影があって、私の普通の生活にも光と影があって、少しずつスゴイ人になっていけたらいいなと思います。

どうもありがとう。また会おうねsun
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2011.04.08 07:07

chiikoさん、こんにちわ!

横浜は、好きな街だなぁ。
10年、住まれていたのですか。
色んな思い出が、詰まっているのでしょうね。

昨日も、また、強い地震が起きていたとは、
朝、吃驚しました。
東京も、揺れましたか?
慣れきれない生活が続いている、そんな状況の中、
日々、過ごしておられるのでしょうね。

今日は、下関の叔母の命日でした。
3時頃、仏様を拝みに行くと、叔父が、元気な顔で
迎えてくれました。

まだまだ、肌寒い日が続いています。
体に気をつけてくださいね。

投稿: うさうさ | 2011.04.08 17:40

うさうささん、おはようございます!
一昨日の深夜の地震、東京でも揺れました。
ぐっすり眠っていたけど、揺れで目覚めました。
しばらくドキドキしてましたが、知らない間に再び眠ってしまいました。

そうそう、この日は久しぶりに大好きな横浜に行って、のんびりしてきました。
この日常生活に少しずつ慣れていきたいです。

下関の叔母様の命日だったんですね。
親しい人の笑顔は、言葉を超えて安らぎますよね。

こちらも朝晩、肌寒いです。
うさうささんも、どうぞ元気でお過ごしください。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2011.04.09 08:06

chiikoさんこんにちは
またまたまたお久しぶりです。

東日本大震災で被災された皆様方にはなんとお声をおかけしたらいいのか言葉が見つかりません。
でも支援する方々も一丸となって懸命に頑張っておられる姿にただただ手を合わすばかりです。
こころから復興をお祈りしたいです。

こちら千葉県茂原市も余震が続いています。
次は千葉東方沖の近いところで大きな地震が起こるのでは?
との地震学者も言っているので油断出来ません。
皆様の所はいかがでしょうか?


さて月に一度のお楽しみ?
お送りしますね。
chiikoさんのこころにはどんな風に届くのでしょうね。

投稿: トシャマル先生。 | 2011.04.25 11:21

トシャ丸先生さん、おはようございます!
心のお便りどうもありがとうございます。
毎回新しい気持ちと試みで続けてきた証ですね。

余震なのか、予震なのか、東京でも毎日のように揺れています。
いつかまた大地震がどこかで起きるかもしれませんね。
その日そのとき、揺れても動じず動いていける自分でありたいと思ってます。

きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2011.04.28 06:14

chiikoさま。
大変ご無沙汰しており恐縮至極でございます。

必然性の解釈。私も大いにそう思います。
私にとっては阪神大震災は必然性の
あるものだったような気がしています。
結局その結果生かされた者はなんだったか?
なんのためだったか?と毎年思います。

だから今を嘆くよりもありのままを、
受け入れる努力をする。

今回の地震はあまりにも悲惨なので
被災された方々が、そんな風に思えるとは
微塵にも思いませんが、
すべてが偶然か必然かは結局、
棺おけに入るまで分からないことだと思います。

全ての人が今与えられたベストの人生を送っている。
そんな風に思いたいです。

投稿: 森の音 | 2011.05.09 22:13

森の音さん、おはようございます!
お久しぶりです。私はおかげさまで元気にしています。
3月の大震災からもうすぐ2カ月ですね。そして1995年1月17日から16年余。
東京の人たちは今回気持ちの上で相当被災した感じがします。
私の気持ちも相当揺れました。その分、弱くなれたし、強くなれた気もします。
やっぱり私、偶然生きている、偶然生かされているのかなという気もします。
志賀直哉の城の崎にてみたいに。
偶然と必然は表裏で。
やっぱり私は今日も自然に尽きて生きていきたいです!

ご訪問&コメントどうもありがとうございます。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2011.05.10 07:37

chiikoさんおはようございます。
またまたお久しぶりです。
今月もまた「あすなろの詩」アップしましたのでご案内させて頂きました。
今回は、童謡「月の沙漠」のふるさと 南房総の御宿に行ってまいりました。
こんな大変な時期・時代になったとしても
二人の未来は夢いっぱいに溢れていますように…
そんな願いを込めまして…

それではまた来月おじゃましますね。
どうぞ元気にご活躍くださいませ。

投稿: トシャマル先生。 | 2011.05.26 03:11

トシャ丸先生さん、おはようございます!
おたより、どうもありがとうございます。
「月の沙漠」のふるさと南房総の御宿、私も行ったことありますよ。
見わたせる風景と風が心地よかったです。
また行ってみたいなと、思い出しました。

またどうぞ来月もお越しください。
ご予約していただき、うれしいです。
今日もよい一日をsun

投稿: chiiko | 2011.05.26 06:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/51314913

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜day!:

» 朽ちてなお… [あすなろの詩]
[続きを読む]

受信: 2011.04.25 11:22

» 〜月の沙漠を〜♬ [あすなろの詩]
童謡「月の沙漠」のふるさと南房総 御宿にて [続きを読む]

受信: 2011.05.26 03:23

« 落ちても落ちなくても無事に元気に生きて帰ってこられた日 | トップページ | ~風薫る五月よ~ »