« 自己一致 | トップページ | おちない年 »

2010.12.24

『菜の花と小娘』 志賀直哉

清兵衛と瓢箪・網走まで (新潮文庫)

今年の朗読発表会では志賀直哉の『菜の花と小娘』を読んだ。不思議・奇天烈な世界だが、自然と必然をさらりと感じる可憐な作品なので、そういうふうに私も読んでみた。

ある晴れた春の日の午後、一人の小娘が山で枯枝を拾っていると、ふと誰かに呼ばれたような気がした。「ええ?」と立ってあたりを見回したが誰もいない。「私を呼ぶのは誰?」と聞いてみたが誰も答えない。しかし小娘はやがて気がついた。声の主が小さい菜の花であることを。雑草の中でただ一本淋しく咲いていた菜の花は、小娘に「どうか私をお仲間の多い麓の村へ連れて行って下さい」と懇願する。小娘は菜の花の願いを叶えてやろうと考えた。

そこから始まる菜の花と小娘の二人旅は、たった一日の出来事だったが、途中には山あり谷あり流れあり。一日は即、一生分であり、二人は一人と明示するかのように結末、私には思われた。菜の花も小娘も互いに見つけて見つけられたのだ。

志賀直哉は『菜の花と小娘』を高等科の学生時代に書いたが、実際に世に発表したのは37歳の時という。初めて書いて大切にしまっていた作文(タイトルは『花ちゃん』)を、時を経て、何度も修訂を重ねて作品に仕上げていった。大作家の一見すっと読み過ごしてしまいそうな小作品を、私も見つけて見つけられて今年も無事に読むことができた(やっぱり最高潮にドキドキ緊張したけれど)。また次の目標に向かって私を重ねていきたいと思う。

|

« 自己一致 | トップページ | おちない年 »

コメント

朗読発表会、お疲れ様でした。

菜の花と小娘って、かわいらしい作品なんですね。
なんか、chiikoさんにとても合っている気がします。
物語のすべてを知らなくても、なんとなくそんな風に思えます。
chiikoさんの、かわいらしいけど堂々とした朗読を聴きたかったです。

私は、今日はうたの教室内でのこじんまりとした発表会がありました。
本当は岩崎宏美の思秋期と、山口百恵のしなやかに歌ってを歌いたかったのだけど
先生が楽譜を持っていなかったので、急きょ、柴咲コウの月のしずく
(私のアドレスとしてリンクしておきます)を歌いました。

この曲も先生の大量の楽譜の中から、今日の私を見つけて見つけられて歌ったのだと思いました。


投稿: ケララ | 2010.12.24 21:59

ケララさん、おはようございます!
どうもありがとう。精一杯やり終えました。
発表って、やはり必要で大切で意味のあることだと思いました。
作品との出会いは、見つけて見つけられての縁ですよね。
今回も縁を必死でたぐり寄せて見つけました。
練習開始から3カ月くらいの長いつきあいになるので、
自分が心から好きな作品を選ぼうと思って。

柴咲コウの月のしずくを歌ったんだね。
リンクどうもありがとう。
菜の花と小娘の世界とつながっている感じもします。

メリークリスマス!きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2010.12.25 06:22

chiikoさん!
メリー・クリスマス~~~♪

素敵なイヴを過ごされたようですね。
クリスマスと言うと、やっぱり、気分も
盛り上がります。

菜の花と小娘って、読んだ事はないですが
声の主が小さい菜の花ってところ、
とっても可愛いなと思いました。

雑草って、たんぽぽも、そうですが、
踏まれても、踏まれても生えてくる、
そんな逞しさがありますね。

新しい年まで、残りわずかとなりました。
色々と発見を、今年一年ありがとう!

投稿: うさうさ | 2010.12.25 12:49

うさうささん、メリークリスマス!
どうもありがとう!
声が聞こえて、声の主と出会えて、そこから始まる素敵な人生物語です。
可愛く読みましたよ。そして逞しく。
私もそんなふうになりたいなと思って。

今年も私のいろいろな発見に気づいてくれてどうもありがとう。
来年も気づきそうな予感です。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2010.12.26 06:47


ご無沙汰しております
いろいろなコトが起こって いろいろな想いを重ねられておられるようですね

新しい目標設定
これがワタシにとっても難しい今日この頃です

年齢のせいにはしたくないし(苦笑)
お互い いい1年にして行きましょう!

投稿: Saki@XX | 2011.01.03 16:35

xxさん、おはようございます!
コメントどうもありがとうございます。
生きているといろいろなことがあるものですね。
だから生きていける。また重ねていきたいです。

不思議と年々できることが少しずつ増えていく私です。

ほんと、お互いいい1年にしましょうね。
またどうぞ来てくださいね。きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2011.01.04 05:25

すっかりご無沙汰してしまいました。
今は氣功を生業としても頑張っています。

私のような凡人だと
「伊東きよ子 花と小父さん」という歌をすぐに想い出してしまうのですが…
作詞:浜口庫之助 作曲:浜口庫之助 昭和42年(1967年)6月
http://www.youtube.com/watch?v=UVrAV0YkPF4
作られた浜口さんも意識されたのでしょうかね。

私のもう一つの顔・氣功のブログでもそんな香りがほんの少しだけ漂って
…いるかな?
http://blog.goo.ne.jp/asunaro-kikou/
chiikoさんも時々いらしてくださいなsnow

投稿: トシャマル先生。 | 2011.01.30 09:13

トシャ丸先生さん、おはようございます!
花とおじさんの物語の歌もあったんですね。
ご紹介どうもありがとうございます。
新しいサイト、訪問させていただきますね。
きょうも特別よい一日をsun

投稿: chiiko | 2011.01.31 07:45

chiikoさんこんばんは

またまたお邪魔致します。
先日
現在師事しています氣の師からもお褒めの言葉を頂きました
機関紙あすなろの表紙の書…http://blog.goo.ne.jp/honmono-ki/e/5211a6470cff6771445554242bd70f1f
「ほのかな幸せ」
をお届けします。
chiikoさんはどのように受け止められるでしょうか?

投稿: トシャマル先生。 | 2011.02.17 01:07

トシャ丸先生さん、おはようございます!
ほのかな幸せ、どうもありがとうございます。
お誉めの言葉をいただいてよかったですね。
よい気をますます育てていってください。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2011.02.17 06:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/50385094

この記事へのトラックバック一覧です: 『菜の花と小娘』 志賀直哉:

» ほのかな幸せ [あすなろの詩]
本物氣功・松本先生より「この表紙から強くて良い氣が出ています」と絶賛された 今回 [続きを読む]

受信: 2011.02.17 01:08

« 自己一致 | トップページ | おちない年 »