« こいしの日 | トップページ | 青空からまん棒 »

2010.06.01

扉の写真ふたたび

気づいたら扉が目の前にあった。
誰かに開かれんとしていたので、それなら私がと、勇気を出してちょっと押してみた。

それで、私、こんなこと前に言っていたことを思い出しました。

「扉の写真」

それは朝焼けですか夕焼けですか
扉は閉じようとしているのですか
開こうとしているのですか
わたしにはわからない
あなたにも扉にも

アハアハ!わからない詩を私、書いていますけど、
このころはほんとわからなかったんだろうな。
今もわかりません。ただ、今、扉があったことに感謝し、押した私を激励したいです。
5月に押した扉が6月にどう開くか。本気の見せどころ。

|

« こいしの日 | トップページ | 青空からまん棒 »

コメント

私もそろそろ新しい扉を開きたいところですが、まだ扉すら見えません。

chiikoさんの言葉で、コブクロの「轍(わだち)」の歌詞を思い出しました。

「開いた扉 通り抜けても それじゃ強くなれやしないよ
 閉じた扉 たたきつぶして 行こう君の未来のほうへ」

というところです。

たたきつぶすのは、ちょっと乱暴ですけどねぇ~(笑)。

投稿: ケララ | 2010.06.01 20:34

ケララさん、おはようございます!
ケララさんの新しい扉、その日その時きっと現れるから
準備しておきましょう。
準備しておくと現れるのかな?!
今日も晴天だね。よい一日を!

投稿: chiiko | 2010.06.02 05:45

chiikoさん、こんにちわ!
6月になり、日差しも強くなって来ましたね。
今日は、帽子を干しています。
冬物やこれからの夏物も・・・。
そろそろ取りこまないといけないな。

扉・・・、勇気を出してちょっと押してみた
未知な世界を見るのは、勇気のいる事ですね。
本気の見せどころ、6月に思いっきり、
開くといいですね。

投稿: うさうさ | 2010.06.03 15:46

うさうささん、おはようございます!
こちらも最近、晴天続きで洗濯日和です。
きのうは日傘で歩きました。
本格的な夏を迎える気持ちわくわくしますね。

扉の向こうにいるのはどんな私なんだろう、
どんな人たちなんだろう、どんな風景が見えるんだろう。
5月の続きの6月、思いっきり開きますように。
勇気をどうもありがとう。きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2010.06.04 06:31

またまたこんばんはo(*^▽^*)o
引き続きましてトシャマル先生の登場です。
私の扉も恐る恐る…そっと押した…
押そうとしたら
無理矢理に異次元空間へタイムスリップさせられたかのような
相当な軋轢はあったけれど
少しは理解し合えたことに感謝している今日この頃です。

chiikoさん、不思議ですね。
嫌な事から逃げたり避けたりすると
どこまでも煙のように追っかけてくるけれど、
こちらから向かえば
あったかい暖炉だったりするものですね。

投稿: トシャマル先生。 | 2010.06.09 00:35

トシャマル先生さん、またまたどうもありがとうございます!
相当な軋轢と少しは理解し合えたこと。結果、よかったですね。
何もないより、何かあったこと、
何もしなかったより、何かしたこと、
結果、あたたかい暖炉がみつかり、ほんとよかったですね。

6月の扉、私らしく自由に開いていきたいです。
怖がりの私ですけど、思わず自動ドアだったりして。

また旅のご報告に来てくださいね。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2010.06.09 05:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/48512924

この記事へのトラックバック一覧です: 扉の写真ふたたび:

» あの空の彼方に [あすなろの詩]
山の向こうの空の下   幸せばかり楽ばかり     山は荒れても崩れても     [続きを読む]

受信: 2010.06.09 00:39

« こいしの日 | トップページ | 青空からまん棒 »