« 足踏み | トップページ | 幻想から現像 »

2009.12.02

名残の月

昨日の朝、12月のカレンダーをめくるときは、気持ちおののいた。実際、手が震えるような気さえした。私の今年の御神籤は末吉。2009年この先この末、何があると言うのだろう。よくないことはもう十分経験したからどうか御勘弁を。吉が起こるのか。吉を起こすのか。カレンダー上の予定は見かけぎっしり。こんな予定を立てたの誰なの?!それは私。1つ1つの予定をクリアしていくしかない。おののきながらも希望の光を辿っていきたい。

そうそう。それで11月末には西向くさむらい旅をした。旅の目的は旅なのだけれど、人は行く前の旅に名前を求める。どこそこ行きの旅、里帰り、温泉旅行、記念日旅行……さまざまな名目を。でも旅のほんとうの意味や目的は、行ってみないとわからない。行ってもわからないことさえある。

旅の1つのエピソード。私は名残を訪れた。名残はなんてことない土地で、世界のほとんどの人にとって生涯訪れることのない土地で、そこに住む人にとっても日常在り来りの土地(というか、人もほとんど住んでいないようだった)。私にとっても名残を訪れたのは旅の派生の派生の偶然で、朝の散歩の途中の1通過点に過ぎなかったが(なかば、まぎれこんだような感じ)、私がその名残の土地に足を踏み入れ、立ち止まったとき、それから畦道を伝って歩いていき、そして名残を後にしたとき、それから旅を続けて、家に帰り着いたとき、今回の旅の目的が、その名残を訪れることだったと気づいた。広大な田んぼと畑と民家がのどかに広がる田舎の風景。少し行った先の台地には新興住宅が軒を連ねるが、そこだけは我関せず別空間・別時間で生きているエアポケットのような名残。私が生まれ育った土地にとても似ていた。でも私の知らない名残。

12月は名残の月だね。昨夜見た十四夜月もそんな予感を漂わせていた。師走の月は概して人から忘れ去られている。だから私は好きなんだ。見かけは見かけに過ぎないから。エアポケットのように残され起こっていくことに身を置いて生きていきたい。

きょうは双子座の満月です。双子の真夢、一緒に見られますように。

|

« 足踏み | トップページ | 幻想から現像 »

コメント

こんにちは。

私の今年の初夢は、今までになく恐ろしいイメージのものでした。

数年前、年の初めに引いたおみくじが夫婦ともども大凶で、その年は入院もしたし散々でした。
なので、今年も何かあるんじゃないかと・・・毎月毎月恐れおののきながらカレンダーをめくりました。

でも、今のところ、そうたいしたことはなかったみたい。
足踏み状態に思えることもあるけれど、気持ちは前に進もうとしていて、入院するほど悪い事態は起こってないし。

この12月、名残の一ヶ月、たぶんたいして悪い出来事はないと信じて進もうと思いますscissors

投稿: ケララ | 2009.12.02 09:25

chiikoさん、お帰りなさい!
あの日、下関の空を見上げましたよ。
良いお天気でしたね。

>人は行く前の旅に名前を求める。

ほんと、そんなところがありますね。
単純に、うちは、温泉旅行なんて(笑

12月のカレンダーをめくる時って、
いつもの月とは違う思いがあるものですね。
後、今年も1ヶ月で終わりなんだと思い、
気ばかり、焦ります。
ここ数日は、大掃除しなきゃ~と・・・。
とは言え、毎日の生活に追われてなかなか。
双子座の満月だったのですね。
今日は、暗くなって買い物に行ったので、
偶然、真ん丸お月様、見れました。

投稿: うさうさ | 2009.12.02 22:15

ケララさん、おはようございます!
初夢のイメージ、それはそこでもう昇華されてしまったのかもしれないね。
ところで私の今年の初夢って何だったかしらと思い出そうとしたけど、全く覚えていません。
今年は末吉、末吉と念じていました。
事実、いつも月末に展開がありました。

名残の一カ月、前に向かって進んでいこうね。
いつもどうもありがとう。きょうよい一日をheart04

投稿: chiiko | 2009.12.03 06:36

うさうささん、おはようございます!
どうもありがとう。楽しく行って帰ってきました。
見上げてくれたんですね。私も地上を眺めていました。
うさうささんの笑顔が浮かびましたよ。

旅はシンプルがいいですね。
温泉があると旅が温まります。

昨夜の満月、私も見上げました。
夜、出かける時にも見て、家に帰ってからも眺めて、
とてもあたたかな月でした。

今年ラストの末吉、よいことがたくさんありますように。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2009.12.03 06:44

chiikoさん、おはようございます。
昨夜見たのは双子座の十六夜月だったのかな?とてもキレイに輝いていました。
名残の月。。。素敵な言葉ですね。
この1年はどんな年?振り返って惜しむ12月もいいですね。
あと25日、惜しんで過ごしてみようかな。。。
西向くサムライ旅、いかがでしたか?
自分も機会があれば西の聖地に訪れたいと願ってます(笑)

投稿: uzura | 2009.12.03 08:04

月ってなに?

投稿: BlogPetのちいち | 2009.12.04 14:26

uzuraさん、おはようございます!
十六夜月もいいですね。
名残の月から大切なもの、受信できますように。
西に行くと落ち着きます。
一度離れてしまったものだけど、
やっぱり私のルーツの方角だからかな。
2009年には何と名前がつくでしょうね。
1日1日過ごしていきましょう。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2009.12.05 06:41


人それぞれ 流れる時間は違うと常日頃思っていますが
chiikoさんの時間の流れ方って
とても意味あると思いました

『エアポケットのように残され起こっていくことに身を置いて生きていきたい。』
ステキな言葉ですね

投稿: XX | 2009.12.07 21:18

xxさん、おはようございます!
忘れても残ることってありますよね。
忘れられても残ることが。

時間の流れ方も自分自身で選んでいる?!
自由自在な時の流れに乗っていきたいです。

xxさんの12月はどんな感じかな。
どうぞ体に気をつけて。お互い咲いて実っていきましょう。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2009.12.08 06:32

chiikoさんお久しぶりです。
こちらからは
初冬にもかかわらず晩秋の気配が濃かった
南房総の心の名残…
「晩愁」をお届けしましょうね。

投稿: トシャマル先生。 | 2009.12.21 23:17

トシャマル先生さん、おはようございます!
南房総に心の名残。晩愁の月。どうもありがとうございます。
昨日こちらでは昼間、半分の月が見えていました。
きょうはメリークリスマス。特別よい一日を!

投稿: chiiko | 2009.12.25 06:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/46915429

この記事へのトラックバック一覧です: 名残の月:

» 晩愁 [あすなろの詩]
あなたに出逢えてひとつ気づいたことがあるそれは鏡に映った自分が見られることその自 [続きを読む]

受信: 2010.01.31 08:45

« 足踏み | トップページ | 幻想から現像 »