« 『1つのボウルでできるお菓子』大原照子著 | トップページ | 箱 »

2009.04.25

『おとなになる本』

おとなになる本

私は自分で自分の寿命が何となくわかっているので(決めているので?!)、今度の誕生日で、ちょうどその半分を生きたことになる。折り返し。今まで来た半分と、これから行く半分と見渡せる地点。すごいねえ。それでこの頃思うのは、もう半分生きたんだから、私もそろそろ大人なんだと。今までは、自分は子供だとずっと思っていた。永遠に子供のままの大人。別に大人にならなくても私はいいよと、それは悲観というよりどこか極楽・楽観的に思っていた。でも、ここの折り返しへ来て、状況からして観念したのか自覚したのか、呼びかけられてか、自己表明したくて、全く自然に楽観的に、いよいよ私も大人になるんだと思っている。

そんな誕生日を前にした今日この頃に、この本の背表紙を図書館の「いま返却された本 いますぐ借りられます」コーナーで見つけた。

『おとなになる本』 パット・パルマー原作 eqPress編訳 広瀬弦画

「この本は、もともとアメリカの十代後半の人たちに向けて、Self-direction(自己決定)の大切さを伝えるために書かれたアサーティブ・トレーニングの本」と訳者あとがきにある。

人が決めて大人になるのではなく、自分で決めて大人になっていく。それは時に厳しく苦しくもあるけれど、完全に自由で愛に満ちた道のりであることを、この本は優しく頼もしく語っている。読んで、ほっとした。力が抜けた。そして力が湧いてきた。見晴らしが良くなった。

誰かのせいじゃなく、何かのせいじゃなく、主体的に生きていくことの素晴らしさ。

大人が、ほんとの大人になるための、道しるべ本なのだろう。

好きなフレーズを。
「決断するときには、自分の頭、心、身体、すべてで決断しよう。感情的になって決断したり、頭だけで考えて決断したりすると、どうしても失敗することが多い。心も身体も頭も、すべてがイエスと言うまでは、無理をして決断することはない。そのうちに、あなたの中のすべてがイエスと言うときがきっと来る。そのときが決断のときだ。決断のチャンスを逃さないように、注意深く自分を見つめていよう。」

ほんとそうだね。イエス、イエス、イエス。

今日は牡牛座の太陽、牡牛座の新月です。これはもう真に手放しで牡牛座の誕生日。
昨日まだ見ぬ懐かしい人の夢を見た。明日の夢はまだわからない。今日は明日の夢を見ます。

|

« 『1つのボウルでできるお菓子』大原照子著 | トップページ | 箱 »

コメント

こんにちは。

「あなたの中のすべてがイエスと言うときがきっと来る。そのときが決断のときだ。」
という文章を読んで、目からうろこが落ちた気がしました。

よく、何でもかんでも「イエス」と言うのは心身の健康に良くない、という話を聞きます。
それは、自分が本当は気がすすまないことでも、ヘンに大人ぶって無理矢理イエスと言うから、心身に破綻をきたすということですね。
でも、自分できちんと感じて決めて「イエス」と言うのは、多少キツい部分はあっても、本当の大人らしい自由を感じられることなのでしょうね。

私が好きなバンド「キリンジ」の、「ザ・チャンス」という曲の
「どこかの誰かの夢を見ていた きみにさよならするのさ、行こうじゃないか」
という歌詞を思い出しました。
自分だけの夢を見て、自分が心からイエスと言えるように生きる大人になれたら、と思います。

投稿: ケララ | 2009.04.25 14:34

ケララさん、おはようございます!
この本を読んで、今まで自分が言ってきたイエス、言えなかったイエスのことを思い出しました。
そして将来きっと言うだろうイエスのことも。

キリンジにそういう歌があるんですね。
聞いてみたいな。もっと勇気が欲しいな。
私も、行こうじゃないかと、いま思っています。

今日は雨上がる。よい天気予報です。
いつもどうもありがとう。きょうもよい一日を! 

投稿: chiiko | 2009.04.26 05:58

すごいよ。chiikoちゃん 子供でも大人でも どっちでも 答えは、二つあるから。心を解き放そう。

投稿: アサバ チサト | 2009.04.26 10:03

ちさとさん、おはよう。答えは2つあるんだね。そうかあ、私は1つかと思い込んでいたかも。ヒントをどうもありがとう。きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2009.04.27 06:31

chiikoさん、こんにちわ!
もうすぐ、お誕生日なのですね。
それは、楽しみですね。
「おとなになる本」って、題名を見ても、
惹かれるところありますね。

永遠に子供のままの大人、きっと純粋な
心の持ち主なのでしょうね。

決断するときって、考えますよね。
どちらかと言うと、頭より心で動くかな。

投稿: うさうさ | 2009.04.27 17:04

うさうささん、おはようございます!
誕生日は近づいていく時が盛り上がって楽しいです。
本って、題名とか表紙で惹かれますよね。
何かありそう、何か呼んでいるって。
そんな直観を大切にしたいです。

この本を選んだように、出会ったように、
決断していけばいいんだなと
うさうささんのコメントを読んで気づきました。
どうもありがとう。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2009.04.28 05:53

その道しるべになってくれた あなた

投稿: トシャマル先生。 | 2009.05.20 01:25

トシャマル先生さん、おはようございます!
道しるべがあるとありがたいですよね。
あなたの存在。きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2009.05.21 06:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/44771003

この記事へのトラックバック一覧です: 『おとなになる本』:

» あなた [あすなろの詩]
ああなんという幸せ   甘い香りに育てられ  苦労も喜びに変えた あなた     [続きを読む]

受信: 2009.05.20 01:14

« 『1つのボウルでできるお菓子』大原照子著 | トップページ | 箱 »