« I balance | トップページ | 書かないと前に進めない気がするので »

2007.10.16

「牛乳を注ぐ女」

Ska2344フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展を見てきた(10月12日午前10時-)。フェルメールの絵を見るのは「窓辺で手紙を読む若い女」以来2年ぶり。日常の美しいひとときが深く静かに凝縮された絵に目と心、ぐっと引き込まれる。フェルメールの一瞬一瞬の思いとまなざしが丁寧に幾重にも塗り込められ、私はそれに呼応するように何度も反芻して絵を見る。決して外部には明かされない親密な一場面を拝見している感覚がした。この絵は止まっていない、一瞬ではない、生きている。このまま見ていたら動き出して、この絵の続きが見られるのではないか、確信か幻想かそんな思いに駆られた。フェルメールの絵は美しい謎に満ちている。だが見る者がいくら謎解きをしようとも、描かれた謎は謎のまま永遠なのがいい。だから人は絵に魅せられ、さらに見たくなるのだろう。

昔、朝日新聞で世界名画の旅という連載があったが(今もあるのかもしれない)、『世界 名画の旅 ヨーロッパ北部篇』の本の表紙が、この「牛乳を注ぐ女」だったことに、家に帰って本棚を探して気づいた。この絵に私はずっと前に既に出会っていたのだなと。

ところで私1年に1度ぐらい、振り向いた表情がフェルメールの青の少女に似てると言われます。どこが?誰に?謎は謎のまま。だから私はフェルメールが好きなのだろうな。

|

« I balance | トップページ | 書かないと前に進めない気がするので »

コメント

小学校の教科書に載っていたのを観た時、これって写真?って思いました。それ以来この絵は、一度観てみたいと思っていました。行かなくては~。
chiikoさんが「1年に1度ぐらい、振り向いた表情がフェルメールの青の少女に似てる」といわれるのも謎ですね^^

投稿: 堂主 | 2007.10.16 12:11

堂主さん、どうもありがとうございます!この後、歩いて神宮外苑まで行きました。この展覧会いろいろ楽しめますよ。行くならできるだけ早めに混まないうちに。本人にもわからない謎もあるかもしれません。きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2007.10.17 05:28

こんにちは~、chiikoさん!

私も本で見たことあります~。
実際に見に行けるなんて羨ましいですよ^^。
いろいろ思い巡らせていると、謎が楽しいかもしれませんね~。
「青の少女」に似ているchiikoさん、この少女のかわいらしいところかな~、それともここにも謎が満ちているところ??
遠くから想像していますよ。

今日はいいお天気で「青」がきれいです。
ではでは、今日も元気で!
またね。

投稿: りよ | 2007.10.18 14:34

きのう、満天へ結婚したかったみたい。

投稿: BlogPetのちいち | 2007.10.18 14:41

りよさん、おはようございます!
絵の記憶って、ふっと漂って蘇ってきます。
確証はなくても、ああそうだなって。
遠くから想像。その感じもいいなあ。
近くて見えないことも遠くから見るとわかることがあるからね。

きのうはこちらも青空で太陽の光がきらきらしてました。
きょうも元気でいきますね。どうもありがとう。よい一日を!

投稿: chiiko | 2007.10.19 06:03

ちいち、おひさな存在感。励ましに来てくれたのかな。
ちいちの言葉、ズヴァリって感じよ。また来てね!

投稿: chiiko | 2007.10.19 06:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/16742276

この記事へのトラックバック一覧です: 「牛乳を注ぐ女」:

« I balance | トップページ | 書かないと前に進めない気がするので »