« 牡羊座の新月~move moved moving | トップページ | 牡牛座開封 »

2007.04.18

『転生』志賀直哉

何度も朗読していて気づいた。これはおしどり夫婦の物語なのだと。

癇癪持ちで口やかましい夫と、要領悪く気の利かない妻が、喧嘩しいしい愚痴を言い合いながらも添い遂げ、今度生まれ変わってくるときはおしどりになろうと約束してこの世を去る。

夫は無事おしどりに生まれ変わったものの、忘れっぽい妻はなんとキツネに生まれ変わってしまう。さて転生再会の果て、腹をすかせた妻がとった行動とは……。

そもそも生まれ変わっても再び出会ってもう一度結ばれたいと互いに願うのだから、二人は相思相愛に違いない。結婚とはつまりは妻が夫を食い尽くすことにほかならない。夫もそれで本望ではないか。『転生』を読みながら私はそういう思いに至った。

ひょっとして私もそう約束してこの世に生まれてきたのだろうか、次もそう約束して生まれ変わってゆくのだろうか、などと自問自答させられた『転生』は、短いながらも読みごたえのある作品です。

|

« 牡羊座の新月~move moved moving | トップページ | 牡牛座開封 »

コメント

おはようございます。

志賀直哉って興味深いことを書いているんですね。

私も夫を食い尽くしているよ。私によって消耗しているよ。
でも、消耗されても怒るわけでもなく逆に喜んでいそうだから「こんなんでいいのかなあ・・・」と思い始めました。
また、それを大昔、確認しあったことも分かるような気がする(←今流行の鬼嫁)。

それでは、また(^.^)/~~~

PS:新月情報、いつもありがとう。

投稿: ケララ | 2007.04.18 09:25

ケララさん、私のほうこそ、いつもどうもありがとう!
ケララさんちもおしどり夫婦なんですね。
消耗しているというより、消費ってか。
お互いそれでエネルギー交換をしているんじゃないかな。
それは使えば使うほど豊かになるエネルギー!
新月のお願い事、私はあっさり書きましたよ。
ではきょうも行ってきます!

投稿: chiiko | 2007.04.18 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/14617930

この記事へのトラックバック一覧です: 『転生』志賀直哉:

« 牡羊座の新月~move moved moving | トップページ | 牡牛座開封 »