« 母国語 | トップページ | ためらいがちに »

2007.02.22

あの冬の日

Minnakazeni

みんな風に吹かれていった

|

« 母国語 | トップページ | ためらいがちに »

コメント

chiikoさんの
写真っていいね!

付いてるフレーズは
もっといいね。

物語感じます。

…カメラ持つのは、やっかいだけど、
ボクもカメラマンになってみたいね。
ヘヘヘ。

投稿: 海ton | 2007.02.22 10:36

いやあ参りましたね。
chiikoさんの写真も詩の感性も
あなたのファンの方の感性も
みんな素敵です。
いやあ完全に参りました。
なんか
遠い目になってしまいました。
いえ嬉しいんです。
こんな心温まる方々の世界観に係われて幸せです。

投稿: トシャマル先生。 | 2007.02.22 17:30

こんばんわ!
真っ青な空に、雲が絵を描いているよう。
「あの冬の日」、こういう空だったのかな。
タイトルも素敵ですね。
木にかかった建物、なにかしら?
上だけ覗いているので、想像すると楽しい。

投稿: うさうさ | 2007.02.22 23:19

海tonさん、こちらへもどうもありがとうございます!
カメラは一瞬時間をとめてくれる便利で不思議な道具です。
おっしゃるように、ちょっと厄介でもあります。
いつか心体一体型のカメラが発明されないかなと願ってます。
ではまた!

投稿: chiiko | 2007.02.23 06:09

トシャマル先生さん、おはようございます!
詩と写真への感想、どうもありがとうございます。
それぞれの思いや感動がつながって深まり広がりますように。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2007.02.23 06:18

うさうささん、おはようございます!
この日はとても風が強い青天日で
この冬の記憶に残る一日となりました。
想像、楽しめましたか。
展望台がちょっと覗いてます。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko | 2007.02.23 06:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/14004417

この記事へのトラックバック一覧です: あの冬の日:

« 母国語 | トップページ | ためらいがちに »