« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.30

natural circle

Natural_circle_1
                yours

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.11.29

nice angle

Angle_2
                  ours

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.26

「時のないホテル」

             Building
夏の話をしてもいいですか。ナイトウォーカーしていて見つけた風景に強く既視感。ユーミンの「時のないホテル」を思い出した。この歌を聴くと心底ひんやりする。ミステリアスな歌詞&メロディ、ユーミンの歌声もいつになくスモーキー。「ひげを抜かれたお客はみんなけっしてここを出てはいけないけっして」。私はこの時のないホテル、きっとどこかにあると思っている。そしていつか私もたどり着くのだろうなと。

続きを読む "「時のないホテル」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おあいこ

ことわるだろう
わかっていてお願いした
これでおあいこ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.23

私の存在理由

Hamu
            食み食むハミング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いきなりだんご

月曜日のアニマックス、ケロロ軍曹は「いきなり団子」の話だった。いきなり団子は、さつまいもと小豆と小麦粉で作る熊本の郷土菓子らしい。(熊本銘菓といえば陣太鼓しか知らなかった。)いきなりとは「いきなり」の意のほかに「簡単」とか「そのまま」とか「気取らない」という意味があるようだ。バレンタインチョコにも引けをとらない愛のお菓子。ぜひ一度食べてみたいし、何とか作ってみたいと思った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.11.21

蠍座の新月、夢

私は立冬から冬至までが一年のうちで最も眠りが深い。夜、目を閉じるとすとんと眠りの底に降りていって眠りに眠り、その眠りのままに目を覚ます。私が眠りを欲している感じ。もしかしたら眠りも私を欲しているのか。夢もこの時期、濃く深くなる。話は奇想天外でも筋は通っていて、眠っていた本心を見せてくれる。登場人物は毎夜多彩で、夢と夢はつながっている、きのうの夢はそんなことを確信させた。

きょうは蠍座の新月。太陽も蠍座にいるのでダブルで蠍座。蠍座の愛は深くて明るい。私、牡牛座の対極にあって愛の鏡となっている。深い闇底で見る新しい月の夢。きょうもよい一日でありますように。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.11.20

雨の東京女子マラソン

私が歩いた
あの道この道を
あなたたちが走る
私は前へ行く人が好き
私も前へ前へ
今は走るとき
傘は要らないわ

続きを読む "雨の東京女子マラソン"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タママの真髄

この前「ケロロ軍曹」を見てたらタママが「シット!シット!」と言いながらランニングしていた。あれは思うに「ファイト!ファイト!」ということなんだね。それは前へ進む力。見事な昇華。我ながら明るく笑えた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.17

涙目の喜劇

人生最大の悲劇は
あなたの色に染まりたいと思ったこと
その次の悲劇は
あなたの色に染まらなかったこと
今となっては涙目の喜劇

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.11.14

ジェルソミーナ

Gelsomina_1
          私はこの道の主役

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.11.13

約束

Donguri
           なるときも落ちるときも

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006.11.11

『朗読者』

朗読者『朗読者』(ベルンハルト・シュリンク著/松永美穂訳)を私も読んだ。言ってしまえば始まりは君とぼくの局地的な恋物語だったが、後になってはそれがただならぬ深遠な愛だったと気づく。君とぼくの心の奥底をのぞきこむような小説だ。それはすなわち私とあなたの心なのか。恋愛は二人にしかわからないことも多いが二人にもわからないことがほとんどで、二人は謎を埋めるように交わり、私はその謎を追うように一気に『朗読者』を読み進めた。

続きを読む "『朗読者』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

          Valley
          そこは誰も何もいらない場所

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.07

振り返る轍

             Wadachi_1
              また巡りたい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.06

どこかへ行くということは

ふるさとへ帰ったのは
写真を撮るためでなく
帰りたいから帰ったと
カメラあってもなくっても
どこかへ行くということは

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.05

あかり

はりさけそうなほど好きだった
はりさけなくてよかった
今もずっと好き
私に宿ったほとんど唯一の
あなたはあかり

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.03

みち

             Furusato
             うれしいのは覚えていたこと
             悲しいのは外れてしまったこと
             ああふるさとのみち

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.01

イメージング美肌ミラー

この前の新月の日に「ゆほびか」という健康雑誌を買いました。ふだんなら雑誌は書店での立ち読みか図書館での閲覧で済ませるところ、イメージング美肌ミラーという付録がどうしても欲しくなりました。「眺めるだけで肌・顔が若返る」という言葉を信じて実践してみたく。これには「素肌美人」と「若々しくハリのある肌」2つのミラーがあり、それぞれのミラーに映る2つの顔は微妙に違っていて、私であって私でないような私が映し出されます。あらあら不思議。効果の程はさておき、気分はテクマクマヤコン テクマクマヤコン。私は人を映す鏡?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »