« よろしかったでしょうか | トップページ | 秋桜と月とコスモススペシャル »

2006.10.06

同じあなたに

同じあなたに
何度もなんども恋をして
何度もなんども失恋して
いつか愛にかわらんとして
いつか愛がわからんとして

|

« よろしかったでしょうか | トップページ | 秋桜と月とコスモススペシャル »

コメント

恋とか愛とかなんだか本当に摩訶不思議な存在ですね。私はどうしても「理由」を求めるので、故にどんどん縁遠くなっております…(トホホ)
この詩を読むと不思議のスパイラルに陥りました。

投稿: 言葉屋 | 2006.10.07 19:55

言葉屋さん、おはようございます!
理由。私もほしいです。だから、頭であれこれ考えてしまいます。でもほんとうにほしいのは心でわかる理由。恋とはほんと不思議のスパイラルです。いつか愛に辿り着かんとして。きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(言葉屋さんへ) | 2006.10.08 07:23

絶句。

投稿: トシャマル先生。 | 2006.11.28 16:03

トシャ丸先生さん、おはようございます!
絶句ありがとうございます。
トシャ丸先生も恋したり失恋したりしているんですか!?

投稿: chiiko(トシャ丸先生さんへ) | 2006.11.29 05:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/12170156

この記事へのトラックバック一覧です: 同じあなたに:

» 山葡萄 [あすなろの詩]
褐色の木肌が眩しいダケカンバの木に小さな実をつけた山葡萄の葉が真っ赤に色づきか [続きを読む]

受信: 2006.11.26 22:46

« よろしかったでしょうか | トップページ | 秋桜と月とコスモススペシャル »