« listen to you | トップページ | 『生きている穴』 »

2006.08.03

あなたの見なれた風景が

Wind_1
あなたの見なれた風景が
私には新しく 懐かしかった
いまは懐かしい思い出に

|

« listen to you | トップページ | 『生きている穴』 »

コメント

こんばんは~、chiikoさん!

なんだか胸がキュンとしますね~。
懐かしく思えて、大事な場所ですね。

思い出の場所の絵??
分かる人にはすぐ分かっちゃう^^?
ステキないい絵ですね~~。

毎日暑いけど、やっぱり夏は暑くなくっちゃね!
ではでは、お休みなさい~。


投稿: りよ | 2006.08.03 23:59

chiikoさん,こんばんは。お久しぶりです。ちょっと,仕事でばたばたしており,お邪魔する機会が減っております。

ところで,この「絵」はひょっとして写真のソラリゼーションですか?昔,篠山紀信がマン・レイを紹介していたテレビ番組でそんな技法のことを聞いた覚えがあります。

投稿: なも | 2006.08.04 00:30

りよさん、おはようございます!
どうもありがとう。
この写真、なんだか絵ですよね。
胸がキュンとしますか。
これはたしか最後、振り向いて見た風景です。
ほのぼのとした思い出。

やっぱり夏は暑くないとね。
大体私、いつも夏は夏太りするんです。
今のところ、まだ体重維持できてます。
りよさん、お風邪はもう大丈夫ですか。
元気でね。ではまたね!

投稿: chiiko(りよさんへ) | 2006.08.04 06:41

なもさん、おはようございます!
なぜだか夏が来ると思い出す。
なもさんのお声が聞けてうれしいです。

写真のソラリゼーション???
技法も何も、私はただデジカメをぱちりと押すだけです。
写真の加工もリサイズのみ。
しかしこの写真に限ってはふとひらめいて
エッジ処理というのをボタン1つでしてみました。
そうしたら絵のようになって大喜び。

solalizationとは素敵な言葉ですね。初めて知りました。
もしかしたら私の今夏のテーマなのかも。
なもさん、よい夏を、よい週末を。ではまた!

投稿: chiiko(なもさんへ) | 2006.08.04 06:52

こんにちわ. Souこと石川です.
コメントをありがとうございました.
絵の下書きというか, そんな写真ですね.
良いと思いました.
新しいものは懐かしく, 懐かしいものが新しく.
僕はまだ懐かしむココロのユトリがないのかもしれませんが, そんな気がしました.

投稿: 石川 | 2006.08.04 12:14

chiikoさん、こんにちわ!
見なれた風景が懐かしく感じるって、
ありますね。
また、この風景、素敵です。
一番上、風見鶏みたいに見えますよ。
洒落た感じがします。

投稿: うさうさ | 2006.08.04 13:51

ちょっと補遺です。

ネットで検索し直してみましたら,solarizationとは,「写真技術用語で、現像中の印画紙に光を当てることで、画像の一部の明暗を反転させるものです。これによって、明暗や色が奇妙に変化することになります。」ということでした。(無断引用をお許しください。)

chiikoさんのデジカメの「エッジ処理」とは少し違うのだろうと思います。もともとのsolarizeは「太陽光線にさらす」という意味のようです。

投稿: なも | 2006.08.05 00:32

Souさん、おはようございます!
この思い出はまだ下書きなんだと思います。
それにしても思い出って
輪郭なのか、色なのか、印象なのかと、
今ふと思いました。
撮れるって、心のゆとりではないかしら。
始まりは夏だった、そんな旅もいいですね。
よい週末を。ではまた!

投稿: chiiko(石川さんへ) | 2006.08.05 06:01

うさうささん、おはようございます!
この一番上の風見鶏は、訪れる前に写真で見ていたんです。
だから、見つけたときに、初めてなのに懐かしかったです。
アイルランド風ポテト、美味しくできましたよ。
これもまた初めてなのに懐かしい味でした。
よい週末を。ではまたね!

投稿: chiiko(うさうささんへ) | 2006.08.05 06:05

なもさん、おはようございます!
補講、どうもありがとうございます。
それでは私も補遺を。
昨年私、こんな詩を書いていました。

  「天日」
  わたしをまるごとさらしてみた
  朝のひかりはまぶしく
  昼のひかりはたくましく
  夕のひかりはやさしく
  夜のひかりはやすらかだった

我田引用ですね。ではまた!

投稿: chiiko(なもさんへ) | 2006.08.05 06:19

こんにちは
筆舌に尽くしがたい素敵な写真ですね
同じ写真でも処理を変えるだけで、全然違うものに見えてくるというのも不思議で面白いですよね
見慣れた風景でもふと振り返ってみてみると、違ったように見えるときがあるという経験は私にもあります
そのいつもと違う新鮮さと相俟っていつもの風景が思い出になるのかもしれませんね
また遊びに来ます

投稿: ホーマー | 2006.08.06 21:03

ホーマーさん、おはようございます!
どうもありがとうございます。
筆舌に尽くせない素敵な風景でしたよ。
写真や絵って、いいなと思います。
見なれた風景が何かのきっかけで特別な風景になること、ありますよね。
特別な風景が見なれた風景になることも。
この夏、いろいろな風景に出会っていきたいです。
ホーマーさんの夏の思い出もよろしければ聞かせてくださいね。
どうぞまた遊びに来てください。
私も遊びに行きますね。よい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(ホーマーさんへ) | 2006.08.07 07:02

chiikoさま
おはよ~ございます!
あの時計…私が撮った時刻は5時20分を表示していました。
当然。。。(笑)
水の音が心地よかった記憶が蘇ります。
風景と音が思い出すことが出来るって素敵だなって感じました。

投稿: uzura | 2006.08.07 07:56

uzuraさん、おはようございます!
5時20分。
時計台。夜は気づきませんでしたね。
でも、ちゃんと見ていてくれたようです。
水の音、私も思い出します。
水面の色や感じも心地よかったですね。
あの川はどこから来てどこへ行くのだろう。
素敵な思い出、どうもありがとう。
きょうもよい一日を。ではまたね!

投稿: chiiko(uzuraさまへ) | 2006.08.08 06:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/11237080

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの見なれた風景が:

« listen to you | トップページ | 『生きている穴』 »