« 会えてよかった | トップページ | 「夏の靴」in『掌の小説』 »

2006.05.16

ほんとうのところ

誰もが知りたい
ほんとうのところ
私は夕焼けのことは
何も知らないし
夕焼けも私のことは
何も知らない
今ここにいて
向かいあっている
それでいいではないの

|

« 会えてよかった | トップページ | 「夏の靴」in『掌の小説』 »

コメント

おはようございます。

本当のことが知りたいけど、向き合っているからそれでいいということもありますね。
ただ、本当にそれでいいと満足しているのか、本当のことを知るのが怖いから、向き合うことで妥協しているのか・・・そこが問題ですなあ(^^)

それでは、また(^.^)/~~~

投稿: ケララ | 2006.05.16 09:04

ケララさん、こんにちは!

この詩、揺れているね。
私はほんとうのところへ行きたいし
ほんとうのことが知りたいの。
今ここでほんとうに向き合うことが大切ね。

いつもどうもありがとう。
きょうもよい一日を。ではまたね!

投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2006.05.16 10:39

こんばんは~、chiikoさん!

この詩を読んで、私の思う「ほんとうのところ」は
わかったと思う瞬間、わからなくなっても
知りたいと思えてよかったこと。
一歩前に進んだ気がすること。
「なぁ~んだ」も「え~?」も「そうか!」も大事なこと。

そして、「このままこれでいい」も大切なことかな^^。

明日も元気で!
ではでは。


投稿: りよ | 2006.05.17 02:04

りよさん、おはようございます!

私は夕焼けを見ると
これでよかった、これでいいのだ
という一種あきらめのようなものを感じます。
前向きで爽やかなあきらめ感。

りよさんの感想を読んで
それでいいのですよと言ってもらえたような気がします。
りよさん、どうもありがとう。
きょうも元気でよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(りよさんへ) | 2006.05.17 05:54

こんばんは
私もほんとうのところに行ってみたし、ほんとうのことが知りたいですね
でも私の知りたがっているほんとうのところ、ほんとうのこととは何なのでしょう
それは知っていい事なのでしょうか
私にはわかりません・・・
公演ですがよかったです
記事にしましたのでよろしければ見にきてください
また遊びに来ます

投稿: ホーマー | 2006.05.18 01:05

ホーマーさん、おはようございます!

ほんとうのところ、ほんとうのことは
結局は誰もわからないのかもしれません。
最後の最後にならないと。
あるいは最後の最後になっても。
わかりたいという思う気持ちはほんとうなのかも。
知っていい事かどうか。考えてしまいますね。
知ってしまったら知らない前には戻れませんから。

公演のお話、聞きに行きますね。
どうもありがとうございます。
きょうもよい一日を。ではまた!


投稿: chiiko(ホーマーさんへ) | 2006.05.18 07:57

chiikoさん、こんにちわ!
ほんとうのところ
う~ん、考えますね。
なかなか本音を出さなかったり、気のおける人には
ありのままで、ぶつかったりと・・・。
一緒に暮らしている人とは、ごまかしがきかないので
思いっきり出しているかも。

投稿: うさうさ | 2006.05.18 16:45

うさうささん、おはようございます!
いつも一緒だと、ごまかしがききませんよね。
私は内弁慶で、うちでは好き放題してるかも。

きのうはほんとうのところへ行ってきました。
初めてのアクセサリー創作室。
みんなで楽しくアクセサリーを作りました♪

きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(うさうささんへ) | 2006.05.19 05:57

(゜ー゜)(。_。)ウンウン

ほんとうのところって、知らない方がいい場合もあるかもね。
知られたくないってこともあるし。

知ってほしいっていうのもあるしね~~~。

。。。o(゜^ ゜)ウーン

投稿: あんず | 2006.05.21 22:04

あんずさん、おはようございます!

ほんとうのところって、
とても微妙で大切なところなのよね。

きのうはいい天気でしたね。
きょうもよい一日を。ではまたね!


投稿: chiiko(あんずさんへ) | 2006.05.22 06:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/10094878

この記事へのトラックバック一覧です: ほんとうのところ:

« 会えてよかった | トップページ | 「夏の靴」in『掌の小説』 »