« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.30

いす

Isu_2

見ていたものに後で気づくことがある。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.05.29

特別な約束

誰と会っても
あなたとは会わない
特別な約束
してないけど約束
しないのが約束

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.05.27

予期せぬ出来事

きらなさんはデザイナー&ヘンプアーティスト&タロットリーダー。デザイン・フェスタの午後のひととき、私も一枚引かせてもらった。OSHO禅タロット。出たのはサンダーボルト「稲妻」、いわゆる塔のカード。

「ちいこさん、これからあなたに予期せぬ出来事が起こります」ときらなさん。「今いる大地を揺るがすような予期せぬ出来事が」。私は占いは信じるようで信じないようで信じるところがある。

予期せぬ出来事とは何だろう。ちょっと動揺、不安になって、さらに2枚引かせてもらった。出たのは「ウィ・アー・ザ・ワールド」と「源」。大丈夫、揺らいでも何もおそれることはないとの答え。そうかそうよと気持ち落ちついて、そのまま予期せぬ出来事のことはしばし忘れてしまっていた。

それから私に予期せぬ出来事が大小起きている。予期せぬ出来事がすごいのは、予期せぬ出来事もさることながら、それに遭遇したときの予期せぬ私との遭遇だ。予期せぬ出来事とは予期せぬ私のことだったのか。それできょうは双子座の新月です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.05.26

ムテッポウ内服液

デザイン・フェスタではたくさんのブースを見て回りました。その中でも特に私の心に残ったアーティストの一人がヒゲらく商店安楽雅志さん。とてもキュートでちょっとせつない絵と言葉。私の笑いとおセンチのツボにびびっときました。

「ムテッポウ」というポストカードを購入しました。
  ムテッポウ内服液
  何でもできそうな気がする  振り返ったりシナイノダ
  内気臆病引きこもりにすぐ効く薬  ムテッポウ
との効能書き。この言葉、じんわり効いて励まされます。

絵がまた素晴らしい。おとなこどもな少年がタコのパラシュート(?)を背に空を羽ばたいています。
そのほかケンコウマッチ「ヒアソビン」などにも心惹かれましたが、今の私には「ムテッポウ内服液」が一番いいかと思って。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.05.24

白い電気の世界の橋渡し

きょうはマヤン・カレンダー260日暦では
白い電気の世界の橋渡し」の日です。
私は白い電気の世界の橋渡しの日に生まれました。
白い電気の世界の橋渡しの人、新しい始まり、おめでとう。
私は自分が橋であることを忘れるほど橋になりたい。
それが心からの願いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.23

私を探せ

自分で自分を
見つけられないって
どうかしている
ここはビッグサイト
あなたを探して
私を探せ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.22

デザイン・フェスタは五月晴れ

デザイン・フェスタ、行ってきました。
21日(日)は朝から晩までからりと晴れて
この五月一番の五月晴れ
もしかしたら私の人生一番の五月晴れかも。

新しい出会いあり、懐かしい出会いあり
行ってよかった、会えてよかった
五月のフェスタ、どうもありがとう。

ビッグサイトは大観覧車のようでした。
デザイン・フェスタは自分をデザインすることだと実感。
私も自分をもっともっとデザインしようっと。

Station Are Floor
Top Okujyou Kanransha

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.05.19

「夏の靴」in『掌の小説』

Tenohira朗読講座へ行ってきた。文学作品を分担して読み、それをマイク録音して後でみんなで聞き直す。全6回で第1回のテキストは川端康成氏の「夏の靴」。朗読は国語の授業以来で、自分の声を録音するのも聞くのも私は初めて。ささやかながらすごい経験だった。

「夏の靴」は『掌の小説』収録のまさに珠玉作品。冬なのに夏の雰囲気が感じられる不思議な小説だ。なぜ少女は靴を履いていないのか、どこから来てどこへ行こうとしているのか、読んでも読んでも真相はわからないけれど、読むごとに少女の気持ちが伝わり胸を打つ。

私の朗読分担は最後の部分。無我夢中で読みながらも最後の最後、夏の少女の気持ちとその光景が一瞬にして手にとるように見えたようで、涙ぐみそうになった。それでも何とか読み終えられたのは、夏の少女がそこにいて助けてくれたから?

続きを読む "「夏の靴」in『掌の小説』 "

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.05.16

ほんとうのところ

誰もが知りたい
ほんとうのところ
私は夕焼けのことは
何も知らないし
夕焼けも私のことは
何も知らない
今ここにいて
向かいあっている
それでいいではないの

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.05.14

会えてよかった

お母さん
私を産んでくれてありがとう
あなたに会えてよかった

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.13

デザイン・フェスタ&五月のフェスタ

5月21日(日)デザイン・フェスタというアートイベントに参加します。
ものづくりの友達と一緒に Sharam Leaf というブース名で。

Sharam Leaf は、キラーナさんとヴァユさんの活動ユニット名です。
今回、私は合流参加です。

会場は東京・有明の東京ビッグサイト
私たちの出展場所は4階西ホールの真ん中あたりC+-0913です。

私たちはワクワクのハートつながり。
デザイン・フェスタは何やらおもしろそうなイベントです。
よろしかったらどうぞ遊びに来てください。

Festa_1
5月19日追伸です。
今回のデザイン・フェスタをイメージしてペンダントを作りました。ターコイズ&シルバー&アマゾナイト。「五月のフェスタ」

5月21日直前追伸です。
今回、私はジェムストーンアクセサリーと手作り詩集を出展します。
希望の方には私の詩プレゼント。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2006.05.11

行ってよかった

行っても
わからない人いる
行かなくても
わかっている人いる
それがわかった
行ってよかった

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006.05.09

ラララ ラララ

人間関係に疲れたら
人間模様を眺めていよう
それさえも疲れたら つらくなったら
ラララ ラララ この風に吹かれていよう
漂っていよう ラララ ラララ

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006.05.07

平林寺から石神井公園へ

Heirinji連休は5月3日にちょっと遠出をした。東武東上線朝霞でおりて新座市野火止の平林寺へ。新緑と紅葉が青空に映えて美しかった。境内にはほとんど人がいなくて、ゆっくり緑を満喫できた。昼は門前の竹映という蕎麦屋にふらり入って源平そばを食べたら驚くほどおいしかった。野火止から西武池袋線東久留米駅まで歩き、電車で石神井公園へ。帰りは西武新宿線井荻から新宿経由で帰ったとさ。

Asaka_1 Hikarinomichi Asaka1
Nobidome Sanpouji Ami

GW終わりますね。終わりは始まり。がんばっていきまっしょい。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006.05.06

出会いのデジャブ

何なのこの男 何だよこの女
思ったにちがいない これもひとつの相思相愛
センチメンタルボーイ&センチメンタルガール
あの日の出会いにどこか似ている
幾つになっても懲りないものよ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.04

牡牛座新月の存在証明写真

Midoristreet Tititoko
Furikaeru Carrot_1
4月28日に運転免許の更新に行ってきた。私は学割で免許を取って以来、総運転時間30分の優良ペーパードライバー。いろいろな必然が重なって牡牛座新月の日の更新となった。今のところ運転する気も必要も全くないのだけれど、もしかしたら運転する日も来るやもしれない。ところで新しい運転免許証を見てびっくり。5年分の老化はさておき、私の顔、なんだかとても進化していた。写真はキャロットタワー近くの運転免許更新所への道すがら写真。私の好きなポイント。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

夜会

夜会の約束は
ひみつをひとつ持ち寄ること
ひみつをひとつ持ち帰ること
ドレスコードは
やっぱり特にはないのです
笑顔でどうぞ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.01

小さな花

四月 小さな花は
精一杯の背伸びして
精一杯の手を振った
五月 小さな花は
精一杯の太陽あびて
精一杯の花を咲かせる

風薫る五月
きょうもよい一日でありますように

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »