« 淡色の季節 | トップページ | 『袋小路の男』 »

2006.04.06

自然な二人

二人は自然と出会ってしまう
駅前で雑踏で道の途中で山の頂で
こ こんにちは あら こんにちは
あまりに自然で不自然になってしまう
自然と自然な二人になれたらいいね

|

« 淡色の季節 | トップページ | 『袋小路の男』 »

コメント

おはようございます。

あまりに自然で不自然になるって、よく分かります。
はじめのうちは自然なことを自然と受け入れられないので、「なんだろう、これ」と考えすぎて不自然になっちゃうんですよね。

でも、そういう人たちは、紆余曲折の後に自然と自然な関係になるんじゃないかと・・(^^;

ところで、私の実家は袋小路の中にあります。
袋小路の中はなかなか車が入ってこないので、路をわが庭のようにして遊べるんですよね。
今は昔ほど子供がいないので実家の袋小路も静かですが、甥が遊びに来ると近所のお友達とわが庭のように遊ぶので、結構にぎやかになります。

どうもありがとう。それでは、また(^.^)/~~~

投稿: ケララ | 2006.04.06 07:14

ケララさん、こんにちは!
よくわかってくれて、うれしいです。
「なんだろう、これ」って、そう、そんな感じです。
人生って紆余曲折ですよね。

え! ケララさんのご実家は袋小路の中にあるんですね。
今ふと気づいたのですが、拡大解釈すれば私の実家も袋小路みたいなところにあります。
袋小路って、静かなときは静かだけど、にぎやかなときはにぎやかになりますよね。
袋小路は不思議な空間。

きょうはいい天気ですね。ではまた!

投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2006.04.06 14:17

chiikoさん、こんにちわ!
人と人との出会いって、とっても縁を
感じます。
会えない人とは、一生会えないですもの。
なので、巡り合った人との出会いは大切に
していきたいですね。
自然と自然な二人・・・、
そうなりたいものですね。

投稿: うさうさ | 2006.04.06 16:48

chiikoさん、こんにちは
自然な二人、自然な姿って
とてもいいですね
いつも思う心 いつも繋がる心
ふと
自然にとけこんだ瞬間に
もっと素敵な自然が現れる感じですね

追伸
大自然は無心になり素晴らしいと思った瞬間
大自然の方からもっと素晴らしい姿を見せてくれます。(関係ないですね・(笑))

投稿: 野の木 | 2006.04.07 05:31

うさうささん、おはようございます!
会えない人とは、一生会えない。
うさうささんのそのお言葉、
春風みたいにふんわり私の心に響きます。
巡り合えること、巡り合えたことに
感謝します。どうもありがとう!
うさうささんは、いつもとっても自然です。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(うさうささんへ) | 2006.04.07 05:45

野の木さん、こんにちは!
自然な人、自然な二人、自然なものにあこがれます。

追伸、どうもありがとうございます。
自然になるって、どういうことか
大自然への道を教えていただいたようです。

きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(野の木さんへ) | 2006.04.07 06:09

極自然に愛すというのは当たり前のようで実は稀であることかもしれません.
自然に出会えた2人が自然に愛し合うことに成ったらそれはとても素敵なことなのかもしれませんね.
ツマラナイ話なのだけど, 僕は19の時に鈍行列車の旅に出かけて, 四国は愛媛県の単線列車の中で, 向かい側の席の女の子を一目見て
ああこの人が僕の嫁さんか… となぜだか思いました.
その時にこれをリアルタイムで聞いた旅の同行者たる友人は腹を抱えて「ついに気が狂ってきたぜ」と笑ったのだけど, 確かに今彼女は僕と一緒に住んでいて, 僕らの子供をあやしています.
(僕もその時は相当な勘違いの域に入ったと思ったけど)
でも思うにその時は自然にそう予見出来たのだと思います.
気分的別に特別じゃなかったし, 特別何もロマンチックじゃなかった.
ごくいたって普通であるということが稀である瞬間を経験できたのかもしれません.
妙な自慢話になってしまった.
変な話でゴメンなさい.
ちなみに嫁さんは美人ではなくとても素朴で普通の人です.
彼女も僕をカッコイイとは絶対言わない(w

投稿: Sou | 2006.04.07 17:54

Souさん、おはようございます!
自然に出会えた2人が自然に愛し合うこと。
それを叶えたSouさんはとても幸せな方です。
Souさんは直観に素直な方ですね。
だから稀な瞬間を経験できた。すばらしいです。
素朴で普通の人って、いいですね。
私は素朴だけどちょっと変な人です。

私も夫と出会ったのは19の春。
今思えば運命的な日なのですが、
そのときはそうとは思いませんでした。

きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(Souさんへ) | 2006.04.08 06:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/9454534

この記事へのトラックバック一覧です: 自然な二人:

« 淡色の季節 | トップページ | 『袋小路の男』 »