« 春になると | トップページ | 『博士の愛した数式』 »

2006.03.22

春開き

春の日
光芽吹いて
意識のふたが
しゅぽんと開く
私が私でなくなるようで
自然が自然であるようで

|

« 春になると | トップページ | 『博士の愛した数式』 »

コメント

chiikoさん こんにちは
しゅぽんと開くってとてもいいですね
春の陽気に飛び出る感じでいいですね
あちらこちらで
春の芽の飛び出る音が聞こえますね
私はどんな音がするのかな?
多分、
大空を飛び回る・か
大地を駆け回る・か
春の日って
とても気持ちがいいですね。

投稿: 野の木 | 2006.03.24 06:11

野の木さん、おはようございます!
いつもどうもありがとうございます。
春の日しゅぽんと何かが開いた音がしました。
今はあたりに芽吹きの音が飛び交ってますね。
きょうは大空へ駆け上って大地を眺めてみたいです。
よい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(野の木さんへ) | 2006.03.24 06:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/9203482

この記事へのトラックバック一覧です: 春開き:

« 春になると | トップページ | 『博士の愛した数式』 »