« 答え | トップページ | 牡羊座の新月とハートの矢印 »

2006.03.27

懐かしい未来写真

sakurasaku実家から持ち帰った3つのうち1つは14歳の自叙伝。もう1つは両親の写真です。縦6センチ横9センチ、手のひらにも載るちいこい白黒写真です。

たぶん結婚間もない頃の父と母で、私も兄も写っていなくて(もしかしたら兄は母のおなかの中にいたのかもしれないけれど)、正確に言えば父と母ではなく、始まったばかりの夫婦の写真。母の実家の玄関横の道からこちらを見つめる2人の笑顔は初々しくて懐かしくて、モノクロームながら青空と光を感じるナイスショットです。

この後の2人に起こったことの大方を私は知っているけれど、未知の部分もあって、まるで懐かしい未来写真を見ているかのようです。この時の父と母の年をとうに越してしまった今の私。この写真を見るとほっとして心が安らぎます。でも、なぜだろう、涙もあふれてきます。あたたかい涙。きっと春だから。この時も春だったのかもしれません。

追伸。週末、家の近くの桜、ほぼ満開でした。

|

« 答え | トップページ | 牡羊座の新月とハートの矢印 »

コメント

chiikoさんの ↑の 想い ・・・

  グリム童話に、、
  木々の木の葉が1枚残らず舌であるとしても
  私のこの想いを語りつくすことはできまい。。
  と ありますが、、

  chiikoさんの想いは…
  桜木の花びらが1枚残らず舌であるとしても
  私のこの想いを語りつくすことはできまい。。
  といったところでしょうかぁ~ (=●^0^●= )))
    ( ちぃこぃ舌(?) ^_^ )

投稿: KA〇 | 2006.03.27 15:34

こんにちは。

ご両親の青春時代の写真、いいですね。
私も数ヶ月前、両親の新婚旅行で父が撮った8ミリフィルムを見せられました。母の友人がカメラを貸してくれて、撮影したのはいいけれど映写機がないので今までなかなか見られなかったようです。今回、写真屋さんに頼んでビデオテープに落としてもらったのです。

40数年前のフィルムなのに保存状態が悪く、まるで戦争中の映像のようでした。
でも、そこに写っている20代の母は、生まれて初めての新婚旅行でちょっとはしゃいでいる初々しい娘でした。めでたし、めでたし。

ちいこい白黒写真、いつまでも大切に。
それでは、また(^.^)/~~~

投稿: ケララ | 2006.03.27 16:57

KA〇さん、おはようございます!

私の想い、 感じ取っていただきありがとうございます。

木々の木の葉一枚一枚
桜木の花びら一枚一枚
想いなんですね。
ちいこい想いが舞うこの春ですね。

きょうもよい春の一日を。ではまた!

投稿: chiiko(KA〇さんへ) | 2006.03.28 06:11

ケララさん、おはようございます!

父も母も若くて、ほんと初々しくて、
いい雰囲気の写真です。

ケララさんのご両親のハッピー映像
よみがえったのですね。すごいです!
動いているので、感動もひとしおでしょう。
すべてはめでたし、めでたし。

思い出っていいですね。
ちいこい白黒写真、大切にします。
いつもどうもありがとう。
きょうもよい一日を。ではまたね!


投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2006.03.28 06:17

ちょこっと似た体験をしたことがあります.
やっぱり僕も写真をみて涙が出たんです.
だからchiikoさんのお気持ちが少しだけ分かる気がしました.
僕が写真を撮るのがすきなのは, その時の気持ちがどこかにある所為かもしれませんね.
そして今沢山撮っているのも, 何かそういうものを残したいからかもしれません.
そんな気がします.
ありがとうございました.

投稿: Sou | 2006.03.31 14:31

Souさん、おはようございます!
その時の涙、その時の気持ち。
なかなか一言では言えないものですよね。
写真はそれを一目で見せてくれますよね。
私は新しくて懐かしい写真が好きです。
これからもSouさんの気持ちの写真、
たくさん撮ってたくさん残してください。
きょうは東京タワーを目指すのですね。
よい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(Souさんへ) | 2006.04.01 06:41

こんばんはー。
わかるわかる、って感じですよ。

でも、ちょっぴりコワイんですよねー、
古い家族の写真って。
じぶんの知らない事実が出てきそーで。

ワタシは、南米へ移住した
伯父のことを調べてて、ふるーい
親族の写真を見つけましたが、
そこにとびきりの美人がうつってて
「これ、誰?』って感じだったんですけど、
いまはしわくちゃのおばちゃまの
若かりし頃のお姿だったという
経験もあります。

しみじみ…

投稿: ひかりごけ | 2006.04.01 18:35

ひかりごけさん、おはようございます!

わかるわかるって感じ、どうもありがとうございます。
そのこわい感じ、私もありますよ。
たとえ家族であっても、だからこそ、
触れてはいけない、聞いてはいけないこともあるような、ないような。

そこにとびきりの美人がいたのですね。
しみじみ、ほのぼのですね。

きょうもよい一日を。ではまた!


投稿: chiiko(ひかりごけさんへ) | 2006.04.02 06:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/9308712

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい未来写真:

« 答え | トップページ | 牡羊座の新月とハートの矢印 »