« ほとんど唯一のあなた | トップページ | ストレンジャー »

2006.02.07

『光の中の食卓』

私、料理を始めて早十有余年以上たちますが、いまだにほぼ毎日レシピを見ながら作ります。凝った料理をつくるから、レパートリーが豊富だから、いえそうではありません。物覚えが悪いから、何かよるべとなるものが欲しいから、そして何よりレシピを読むのが好きだからです。私は文字ベースのシンプルなレシピが好き。以前にも書きましたが『小林カツ代料理の辞典』は絶品で、私のキッチン座右の書です。

それで今年二冊目の読書は小林カツ代さんの『光の中の食卓』。この本には事細かなレシピは載っていません。カツ代さんの生き方&生活本です。カツ代さんの料理と同じく、シンプル、あたたか、滋味豊かです。日々どんなふうに生き、どんなふうに人や食と向き合っているかが書かれています。カツ代さんは文章の達人でもあるんですね。

カツ代さん「ありふれた日常の中で、それも台所の中で、マナ板に向かいつつ神を感じる」のだそうです。「そこに、神、いませり」と。各エッセイの最後には聖書や賛美歌の食にまつわる言葉が添えられています。「光の中の食卓」。何と素敵な題でしょう。よく生きてよく食べたい。きょうも光の中の食卓を。ささやかだけど切なる私の願いです。

|

« ほとんど唯一のあなた | トップページ | ストレンジャー »

コメント

こんにちは

まな板に向かって神を感じるって、すごいですね。
もしかしたら、一つのことにコツコツと取り組んできた人は、みなさん自分の職業のどこかに神を感じているのかもしれません。

私も、神を感じられるような何かに取り組んでいきたいです。

chiikoさんの今夜の献立は何ですか?
うちの今夜のメインディッシュは、豚のしょうが焼きでございます。

どうもありがとう。それでは、また(^.^)/~~~

投稿: ケララ | 2006.02.07 16:46

ケララさん、こんばんは!

神は細部に宿るということかしら。
例えばここに野菜があることの素晴らしさ、ありがたさを思うと、
自然とそこに神を感じるのかもしれませんね。

豚のしょうが焼き、いいですね。私、大好きです。
添えるのはキャベツ? まだまだ野菜の値段は高いですね。
今夜の夕食はオムライスです。よく食べましたよ。
いつもどうもありがとう。ではまたね!

投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2006.02.07 19:00

こんにちわ!
私も毎日、レシピを見て作る方です。
なので、たまにぱぱっと何も水に素早く、
美味しく作れる人を見ると凄いなと。
でも、自分は自分のペースでと思います。
カツ代さんのお料理も素敵ですよね。

マナ板に向かいつつ神を感じる

凄いですよね、
参りましたと言うか、マナ板にそう感じるって
言うのは、やはり料理人ならではの言葉。

投稿: うさうさ | 2006.02.09 12:41

うさうささん、こんにちは!

うさうささんも毎日レシピ派なんですね。
それぞれのマイペースがありますよね。
うさうささんのレシピも参考にさせていただいていますよ。
一緒につくっている感じがして心強いです。

カツ代さんの言葉、すごいですよね。
この本はそれをさらっと伝えてくれています。
きょうは風は強いですが、快晴です。
どうもありがとうございます。ではまた!

投稿: chiiko(うさうささんへ) | 2006.02.09 15:13

僕は全くレシピをみて料理をすることはありません。
いつも適当なので(笑。
でもレシピをみて料理をするのもいいかもしれませんね~。
新しい発見があるかも。
そう思いました(^^)

投稿: アキラ | 2006.02.10 01:00

アキラさん、おはようございます!
アキラさんとレシピは、なんか結びつきませんね。
適当につくっても絶妙絶品の味なのでしょうね。
アキラさん、実は料理の達人だったりして。
アキラさんの心のなかのレシピ、興味津々です。
日々、新しい発見ですね。
きょうもよい一日を。ではまた!


投稿: chiiko(アキラさんへ) | 2006.02.10 06:18

こんばんは。ちょっとご無沙汰でした。
「光の中の食卓」、素敵な本みたいですね。ぜひ読んでみようと思います。
マナ板に向かいつつ神を感じる…深い…実に深い言葉です。なんか、これだけで感動してしまいました。

投稿: ファントム!! | 2006.02.11 00:36

ファントム!!さん、 どうもありがとうございます。
お返事遅くなって申しわけありません。
とっても素敵な本ですよ。
私は図書館で出会いました。
神を感じることって、至福の感動体験なのでしょうね。
ところで、ファントム!! さんはお料理は……。
ではまた!

投稿: chiiko(ファントム!!さんへ) | 2006.02.12 18:58

これ、いい言葉ですねえ・・

>ありふれた日常の中で、
>それも台所の中で、
>マナ板に向かいつつ神を感じる

うーーん。
じぶんの仕事場で神にむきあえるってのは
それだけ仕事に真剣に打ち込んでるって
ことなんでしょうね。

ネギを刻みながら
あ、ちょっとうまく切れてないな、
ってときは、「きょうは神サン、機嫌悪いなー」
なんて思うんでしょうね。

オレにもそーゆー心境に
なれる日がくるかなあ・・

投稿: ひかりごけ | 2006.03.05 18:55

ひかりごけさん、おはようございます!

ありふれた日常の中で神を感じるっていいですよね。

真剣に打ち込める仕事にめぐりあえたら幸せでしょうね。
何事も真剣に本気で打ち込んでいたら神を感じることができるのかも。

私はいつも天職に手が届きそうでなかなか手が届きません。
そろそろ真剣、本気になってみようかとひそかに思っています。

どうもありがとうございます。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(ひかりごけさんへ) | 2006.03.06 06:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/8514353

この記事へのトラックバック一覧です: 『光の中の食卓』:

« ほとんど唯一のあなた | トップページ | ストレンジャー »