« 新月直前の闇に思う | トップページ | マウカメドウズのワッフル »

2006.01.31

新月直後の光に思う

今度の新月のウィッシュリストが、早くもきのう1つ叶いました。私にはこの数年ある悩みがありました。それはここにいる以上はどうしようもないことだと諦めていましたが、新月直前にその悩みがピークに達し、そこに至って不思議なことに、今まで見えなかった物が見え、聞こえなかった音が聞こえてきました。私は悩みの本当の原因に気づいてなかったのです。これはどうしようもないことではないかもしれない。かすかな希望の光が差してきました。ウィッシュリストに問題が早く解決できますようにと書きました。そして新月直後のきのう勇気を奮い起こして行動したら、何と道が開けてするすると事が運び、午後には問題が解決したのです。願いはかけて叶えるものだと実感。さらに感じたのは、願いが公共の幸せであればあるほど早く叶うということ。ウィッシュリストの自然法則新発見の新月となりました。

|

« 新月直前の闇に思う | トップページ | マウカメドウズのワッフル »

コメント

望まなければ、思わなければ、叶わない。
思い続けたからこそ、光が差したのだと思います。
良かったですね。
長年心に刺さった氷の棘も、光のシャワーで見る間に解けていく感じ。
解決してみればなんてことなかった、後でそう思っても、悩んでるときは心は闇の中。
光の水面へ顔を出せてよかったです。
明日も良いことありますように♪

投稿: ちぇりぃ | 2006.01.31 23:40

ちぇりぃさん、おはようございます!
そうなの、私の心には何本か棘が刺さっているんですけどね、
今回、見る間にするするととけていきました。
ほんと光のシャワーが差す感じでした。
とけてみたら、なんてことなかった。
そもそもほかの人にとってみたら、
棘というよりも、痒みぐらいのものだったかもしれません。
今はかなり見晴らし良好です。叶えばそれが吉日。
どうもありがとう♡きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(ちぇりぃさんへ) | 2006.02.01 06:57

「手を伸ばせば届くと思った缶は
実は遠くにあって、
届かないと思っていた宝は
手のひらを開けば、そこにあった」

これは私が高校時代に書いた詩の一部です。
ふと、chiikoさんのこの記事を読み
大学受験に失敗した時に書いた
この詩を思い出しました。

ちょっと違うかも知れませんが、
願いが叶って良かったですね。
そして、公共性のある願いは、
あいだみつをさんの「願」のようだなとも
思いました。

良いウィークエンドを♪

投稿: あつべえ | 2006.02.03 06:06

あつべえさん、おはようございます!
あつべえさんの詩、教えてくれてどうもありがとう。
宝物ですね。
失敗って失うことでも敗れることでもなく、学んで得るものですよね。

私のこの悩みは、越えるべきハードル、越えられるハードルだったようです。
私の個人的な悩みと見えて、実はみんなの願いでもあったのです。
渦中にいるとそんなことに気づく余裕もありませんでしたが。

あつべえさんも素敵な週末を。ではまた!

投稿: chiiko(あつべえさんへ) | 2006.02.03 06:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/8445879

この記事へのトラックバック一覧です: 新月直後の光に思う:

« 新月直前の闇に思う | トップページ | マウカメドウズのワッフル »