« どこへも行かないで | トップページ | 『こころの底に見えたもの』 »

2005.12.05

切ない私の愛を受けとめて

シクラメンの花言葉を調べてみて、あらびっくりというか、ああやっぱりと思いました。国や色によってもいろいろですが、びびっときたのは「はにかみ」「嫉妬」「きずな」。フレーズは「切ない私の愛を受けとめて」。私の心のメインテーマのような花、あるいはタママみたいな花。せつないです。はにかみも嫉妬もきずなも、表現の違いはあれ同じく愛のことを言っているのでしょうね。恥ずかしがり屋の花シクラメン。

|

« どこへも行かないで | トップページ | 『こころの底に見えたもの』 »

コメント

こんにちは。

シクラメンは「切ない私の愛を受けとめて」なんですね。

chiikoさんの場合、「切ない」は「愛」にかかる形容詞でしょうが、私は今朝、なぜだか「切ない私」でした。
なぜなのか、自分にもわかりません。

午前中にいろいろと楽しいことを考えたので気分は浮上しましたけど・・・「切ない私」の愛を誰かが受けとめてくれたのでしょうか?

それでは、また(^_-)-☆

投稿: ケララ | 2005.12.05 14:45

ケララさん、こんにちは!
シクラメンの花言葉。
「切ない私の愛を受けてください」というのが書いてあったのですが、拡大解釈して「切ない私の愛を受けとめて」にしてしまいました。いいかしら。切ない愛、切ない私、どっちもありかもしれませんね。
ケララさん、切ないケララさんだったのね。
私は大体においていつも切ないchiikoです。
なんてね、冬ですもの、切なくなることもありますよ。
切ない気持ちもキャッチ&リリース。
ではまたね!


投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2005.12.05 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/7475352

この記事へのトラックバック一覧です: 切ない私の愛を受けとめて:

« どこへも行かないで | トップページ | 『こころの底に見えたもの』 »