« 自由 | トップページ | 師走十三夜 »

2005.12.12

夢のあとさき

きのうの義経は最終回「新しき国へ」。奥州平泉が義経さいごの地となりました。平泉といえば「夏草やつはものどもが夢の跡」。

平泉へは行ったことがあります。遠い昔の夏の晴れた日、中尊寺境内の木立の道を歩いたときの記憶がいまも鮮明です。木々の間から太陽の光がほのかに差しこみ、あたりには草木の匂いとしんとした静けさが漂っていて、まるで時がとまったかのようでした。東北をめぐる旅。できるならもう一度あの頃に戻ってあの旅がしてみたいです。

さてタッキー・義経、さいごは光となって白い馬になり空の草原を駈けていきました。「恨むがよい」「恨むでない」。無念はあったでしょう。でも存分に生きたのではないかしら。生まれ変わってももう一度会いたいと思える人と出会えた喜び。義経はいまもどこかで生きている。今と未来を感じるラストでした。

|

« 自由 | トップページ | 師走十三夜 »

コメント

こんにちは~、chiikoさん。

昨日は不覚にも(鬼の目にも)、涙してしまいました。。
義経たちの最期が分かっているのにかわいそうで・・。でもこの道で良かったと言いながら、戦いに向かう姿は清々しかったですね!
確かに義経は平泉で亡くなったのでしょう。でもどこかで生きていて欲しい・・・そう願った人々の気持ち、よく分かります。。。

平泉、いいところなのですね。
私も、平泉にいつか行ってみたいです。。

投稿: りよ | 2005.12.12 17:36

こんばんは。

最終回、見ましたよ。
義経主従は明るい人ばかりですよね。
暗い人が辛い目にあうよりも、明るい人が辛い目にあうほうが、見ていてたまらないです。
だから、今まで見るのを控えていました。

光になって天に昇っていくのをみせつけられると、見たほうは「ああ、そうか、光になったんだ」と納得するしかないですね。
静がうつぼに「義経は光が昇っていった」と聞かされて、涙も見せずただ納得したのが印象に残りました。

平泉、昔行ったんですけどね。あまり覚えていません。
また、行きたくなりました。

それでは、また(^.^)/~~~

投稿: ケララ | 2005.12.12 19:10

りよさん、おはようございます!
りよさん涙しましたか。私も涙しました。
最後はたった六人ですよね。
でも六人はいたんですよね。
みんな光り輝いていました。
白い花がきれいでしたね。

平泉、いいところですよ。
夢みたいなところでした。
いつか行けるといいですね。
私ももう一度行きたいです。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(りよさんへ) | 2005.12.13 07:19

ケララさん、おはようございます!
最終回、見たのですね。
このコメントを読んで、ケララさんが壇の浦以降、義経を見なくなった理由の奥深さが伝わり、また泣けてきました。
明るいって、いいことですね。
私も明るく生きていきたいな。

義経、さいごは白い光になりましたね。
光にも色があるんだなと気づきました。
わけもわからず、私、納得しました。

ケララさんも平泉へ行かれたことがあるのですね。
私は当時、歴史にあまり興味がなくて、あまり覚えてないんですけど、なぜか歩いた道の風景とか光や風の感じはありありと蘇ります。

義経、今の時代にもいるのかしらね。
きょうもよい一日を。ではまた!


投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2005.12.13 07:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/7581504

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のあとさき:

« 自由 | トップページ | 師走十三夜 »