« 天秤座の新月 | トップページ | 花 »

2005.10.03

はりがみふたたび

書きなぐった言葉は
掲示板に張られたはりがみのようだったけれど
やはり通り過ぎることはできなかった

拡大解釈すれば私への言葉
この際ひとりのものにしておこう

新月闇夜の光のなかで
見るひとはだれもいない

|

« 天秤座の新月 | トップページ | 花 »

コメント

こんばんは、chiikoさん。
はりがみシリーズ第二弾は自分ひとりのものになっちゃったんですね。
それは、拡大しておけば天からの声のようだったのかな。
新月の闇の中のひかり、こっそり見ていようかな。
じゃ、また。

投稿: とろやま太陽 | 2005.10.04 00:03

とろやま太陽さん、おはようございます!
最初のはりがみ、覚えてくれてましたか。
拡大してひとりのものにしてしまいました。
第三弾はどうなることか。
新月の闇の光はかすかです。
これから光は拡大していきます。
きょうもよい一日をお過ごしください。ではまた!

投稿: chiiko(とろやま太陽さんへ) | 2005.10.04 05:53

おはようございます~。

光に照らされて、はりがみ効果も半減してしまうかもしれませんね。
内にある、強い光が眩しいです。

投稿: りよ | 2005.10.04 09:34

りよさん、こんばんは!

はりがみ効果って何だろうと、改めてはりがみについて考えてみました。はりがみはみずから光輝いているのですね。はりがみってすごい。気づきをどうもありがとうございます。
ではまた!

投稿: chiiko(りよさんへ) | 2005.10.04 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/6231643

この記事へのトラックバック一覧です: はりがみふたたび:

« 天秤座の新月 | トップページ | 花 »