« きょうのところ | トップページ | 『あなたが私を好きだった頃』 »

2005.10.09

第5回「詩のボクシング」全国大会

ことしも「詩のボクシング」全国大会へ行ってきました。去年は最強台風の日でどうなることかと思いましたが、あれから早一年。じーん。

「詩のボクシング」とは、特設のリング上で、2人の朗読ボクサーが自作の詩を朗読して勝敗を競うもので、ジャッジするのは審査員と観客。トーナメント方式で行われ、決勝戦では、自作詩の対戦に加え、その場で即興詩をつくらなければなりません。あの3分の長いこと長いこと短いこと。観ているだけで頭が真っ白になります。

優勝した橋崎智昭さんは、勝ち進むごとに声がどんどんよくなって響いてきて、魅力的な声と心の持ち主の方だと思いました。「最初の言葉をさがしている」というフレーズが印象的。もてない男性の気持ちを詩にしていましたが、ほんとうはもてるひとなのではないかしら。

作品としてすばらしいと思ったのは石井慶好さんの詩。とくに「しり」はすごい詩でした。来年も出場していただきたいです。岩村空太郎さんの詩ももっと聞きたかったです。

全体を観て思ったのは、朗読詩はただの話ではないということ。詩はまるごとその人の心の声。心を響かすってすばらしい。みんなタンスの奥に大切なものを大事にしまっていて、けれど時にはそれを響かせずにはいられない。そして観客も聞かずにはいられない人たち。さいごには会場がひとつとなって、みんなの心が共鳴しあってました。

|

« きょうのところ | トップページ | 『あなたが私を好きだった頃』 »

コメント

おはようございます。

ステキなイベントですね。chiikoさんにピッタリ!!

本当に、心の声を響かすって素晴らしいことです。単純に声を響かすだけでも、体にいいと思います。

昨日は、テレビを見て大笑いしていたら、自然にプチウツもよくなりました。声を響かせば、内臓や脳にも響いて、その振動が伝わりますよね。←共鳴ですね。

この時期に、発声のありがたさを身をもって体験できたのは、私にとってはグッドタイミングでした。よかったです。

いろいろお気遣いくださってありがとうございました。
それでは、また(^.^)/~~~

投稿: ケララ | 2005.10.09 09:19

ケララさん、こんにちは!
私にぴったりのイベントでしょ。
私もそう思います。出会えてよかったです。

声を響かせるって、気持ちいいでしょうね。
私はふだん聞いてばかりであまりしゃべらないし、歌もあまり歌わないので、響かせてないなと思うきょうこの頃。

きのうケララさんはテレビを見て大笑いをしたんですね。
私も詩の朗読を聞いて、ときどき大笑いしました。
もしかしたら私たちふたりも回り回って共鳴していたのかもしれませんね。

プチウツ、ありがとう。プチウツ、さようなら。
ではまたね!

投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2005.10.09 15:03

こんばんは。私は今回、詩のボクシング前売りチケットを3枚買っていて、「よ~し、今年は大勢で行くぞー!」と張り切っていましたら、結局引っ込み思案な私は誰も誘えず、3席のド真ん中に座っていました。でも夢中になると寂しさも忘れ、大会にぐんぐん惹きつけられたのは、何よりもリングアナウンサーのコメントがとても的を得ていて素晴らしかったからだと思います。松本さんは、人の個性を見抜く特別な目でも持っておられるのでしょうか。ちょっとびっくりでした。ではまた。

投稿: うーやん(元zuzu) | 2005.10.09 20:11

chiikoさん、こんばんわ!
「詩のボクシング」大会っていうのがあるのですね。
自作の詩を朗読して勝敗を競うものなのですね。
人の詩を聞いて、感動するって素晴らしいですね。
自分に感性がないとなかなかできない事です。
chiikoさんの詩も、私好きですよ。
心に響きます。

投稿: うさうさ | 2005.10.09 23:26

うーやんさん、おはようございます!
その光景はとても詩的で絵になりますね。寂しさを忘れていったお気持ち、よくわかります。私もひとりでもひとりではないような気がしました。あの会場にたくさんの人がいて心と言葉が満ちていたからだと思います。おっしゃるように松本さんの一言コメントは的確で温かかったですね。私はレフェリーの藪下さんの存在も大きかったと思います。詩のボクシングのこと教えていただいてどうもありがとうございます。きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(うーやんさんへ) | 2005.10.10 06:35

うさうささん、おはようございます!
詩のボクシング、私は去年初めて行きました。
ほんとうは詩に勝ち負けなんてないのだろうけど、
あえてそこで競い合うという、ものすごい大会です。
うさうささんの感性もすばらしいですよ。
お料理も言葉もいつも輝いています。
どうもありがとうございます♪
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(うさうささんへ) | 2005.10.10 06:43

詩のボクシングに、出たんですか!

噂にはいろいろ知ってますけど
見たことないです。
TVでも放送するみたいですが・・・
一度見てみたいと思います。

そういえば昔、JAZZと詩の融合
みたいな催し物にいったことあります。
白石かずこさんとか出てましたよ。

投稿: うみ | 2005.10.11 17:11

うみさん、こんばんは!
詩のボクシング、私は観客、聞く人ですよ!

機会があれば見てみてください。
会場には生な言葉が満ちてました。

JAZZと詩の融合ですか。おもしろそうですね。
そういえば私はたった一度、プロの詩人の方の朗読会へ行ったことがあるのですが、そのとき白石かずこさんが朗読してました。
あと、福島泰樹さんの短歌絶叫のライブへも行ったことがあります。

ではまた!

投稿: chiiko(うみさんへ) | 2005.10.11 18:54

何年か前テレビで見た私。
第一回のチャンピオンだった若林真理子さんのCDを取り寄せました。
自分の詩を自分の声で朗読する。
言霊ってあるんだなって感じた一瞬でした。
その場に居合わせるってすごい事なんだろうなって思います。
映像が浮かんでくる詩が大好きです。

投稿: まりりん | 2005.10.11 22:11

まりりんさん、おはようございます!
自分の詩を自分の声で朗読する。
すばらしいことですよね。
若林真理子さんの詩はどんな詩で、
若林真理子さんの声はどんな声なのでしょう。
私も聞いてみたいです。
ライブっていいですね。
言葉が生きて響いてました。

きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(まりりんさんへ) | 2005.10.12 06:49

>chiikoさんへ
よろしかったらメールいだだけませんか?

投稿: まりりん | 2005.10.12 10:06

まりりんさん、こんにちは!
いまメールしました。
届いたでしょうか。ではまた!

投稿: chiiko(まりりんさんへ) | 2005.10.12 11:55

はじめまして。通りすがりの者です。
全国大会、今回も本当にすごい大会でしたね。
岡山大会での岩村さんは、7-0、7-0、6-1、6-1という圧倒的な強さで勝ち上がってきたとの事で、さすがの実力だったのですが、敗退して本当に残念でした。
藪下さんについてもおっしゃる通りで、選手のマイクや譜面台の位置を記憶していらしたり、クリップでリーフを留めたりと、本当に細やかな気遣いをされておいででしたね。

勝手ながら、トラックバックさせていただきました。

投稿: あしゅりん | 2005.10.17 18:19

あしゅりんさん、はじめまして。
詩のボクシング。すごいですね。
私は2回目の観戦です。
朗読ボクサーの方のプロフィールとか地方大会の様子とかを、私はほとんど何も知らずに出かけていきました。
まっさらな状態であの場に臨んで、私も聞きながら朗読しているような気分になりました。
会場全体が温かかったですね。

どうもありがとうございます。
よい一日をお過ごしください!

投稿: chiiko(あしゅりんさんへ) | 2005.10.18 07:26

ああ、やっとここにたどりつきました。私はこの御盆休み、友達から第五回詩のボクシング全国大会のDVDを借り、楽しく拝見したものなのですが、2回目を見ようとしてテレビに入れたとき、なんとDVDの面を反対に入れ、そのDVDを完璧におかしくしてしまいました。お願いです!!第五回目の全国大会の録画、テープでもなんでもけっこうです。なんとかなりませんでしょうか。せっかく貸してくれた友人に申し訳なく、悩んでおります。なにとぞ良い知恵を。お願いします。詩のボクシングの公式ホームページに聞いてた、そのような販売はしていないと。なんとかなりませんでしょうか。

投稿: タラギ | 2006.08.20 14:21

タラギさん、はじめまして。お盆休みに第五回詩のボクシング全国大会のDVDを見たのですね。私は去年この大会を飯野ホールへ見に行きました。すばらしい一日だったと記憶しています。タラギさんが今回見られたのは再放送なのでしょうか。残念ながら私は再放送は見ていませんし、録画もテープも持っていません。実際のところ、私は詩のボクシングについての情報をあまり持ち合わせていません。せっかくここにたどり着いていただいたのにお役に立つことができません、申しわけありません。DVDを修復する方法が何か見つかれば、と願っています。

投稿: chiiko(タラギさんへ) | 2006.08.21 07:33

お返事ありがとうございます。ほんとうにないものですね。残念。借りた友人には、謝り、謝りともう土下座気分で謝ります。うん、それしかない。お手数かけました。トホホホホ・・・。でも、詩のボクシング出あえてよかったよ。

投稿: タラギ | 2006.08.21 21:09

タラギさん、おはようございます!詩のボクシングに出会えたのも御友人のおかげですよね。その感謝の気持ちと詩のボクシングの感想と共に率直にお伝えになったらいいと思いますよ。ではまた!

投稿: chiiko(タラギさんへ) | 2006.08.22 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/6316645

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回「詩のボクシング」全国大会:

» 第五回詩のボクシング全国大会 [薄羽蜻蛉日記]
霞ヶ関のイイノホールで、第五回詩のボクシング全国大会が開催された。 優勝は北海道代表の橋崎智昭選手。決して朗読が巧いわけではなく、むしろ泥臭く、格好悪く、なにより馬鹿だった。自らの馬鹿を認識し、それを開放する手腕の凄さ。長野県代表GOKU選手との、あの前....... [続きを読む]

受信: 2005.10.17 18:20

« きょうのところ | トップページ | 『あなたが私を好きだった頃』 »