« 共感 | トップページ | 真空地帯で大移動 »

2005.08.14

ひとりとひとり

わたしのひとりと
あなたのひとりは
ちがうと感じた
わたしもひとりと
軽々とは言わない
あなたのひとりを
重く深く受けとめたい

|

« 共感 | トップページ | 真空地帯で大移動 »

コメント

chiikoさん、こんにちは
一人一人いいですね
人と書く字を良く見ると
左の長い線が、たとえば私(男)
右の短い線が、たとえば貴女(女)
不思議な感じですね
長さも、傾きも、違います
男は一人では生きられない、支えてくれる貴女がいないと
貴女は私を支えてくれるから、寄りかかれるし
生きて行ける
貴女が重く受け止めてくれているから
私は元気に生きて行ける
もし、貴女が支えてくれなければ
私は倒れてしまう
いつもありがとう。
ひとり一人、人の字って不思議ですね
パソコンだと均等ですが、人という字を
ゆっくり書いてみてください。

投稿: 野の木 | 2005.08.15 07:19

野の木さん、こんにちは!
人という字、ゆっくり眺めて書いてみました。
人というのは、一人の人ではないんですね。
ひとりとひとりが出会って、人になるということでしょうか。
寄りかかったり支えたり貴男と貴女。
いつもありがとう。
ほんとうにそうですね。
どうもありがとうございます。
ではまた!


投稿: chiiko(野の木さんへ) | 2005.08.15 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/5463993

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりとひとり:

« 共感 | トップページ | 真空地帯で大移動 »