« 天日 | トップページ | ふつう »

2005.07.14

温室みかん

きのうふるさとからみかんが送られてきました。今頃のみかんは温室みかん。糖度がとても高いです。不自然なくらいに甘くてコクがあります。とても手をかけて完成された味。過保護なみかんです。ああ、旬のみかんが食べたいとは思うけれど、この夏の時期にみかんが食べられるのだから、やっぱりありがたいと思います。贈ってくれてどうもありがとう。ちょっと冷やして食べると、さらにおいしさが増します。

過保護といえばこの私。子供のころ両親は共働きだったのでいつも一緒というわけにはいかなかったけれど、その分、母は私をとても大切にしてくれました。たくさんのものを与えてくれたし、いろいろなものから私を守ってくれました。そのことにはとても感謝しています。ただ私はそのことでさらされないまま生きてきたなと痛感しています。

少し前の日経新聞「語る」の欄にリービ英雄さんのインタビュー記事が載っていました。そのタイトルは「書くことは、さらされること」。それを見て、私もそうだそうだと思いました。リービさんと私とでは書くことのレベルも意味も何もかも天と地ほどの差がありますが、書くというシンプルな大もとの意味では同じことなのではないか。ずっと過保護で生きてきた私は今、書くことで自分をさらして、さらされているんだと思います。少しはたくましくなってきたかなと思う今日この頃です。

|

« 天日 | トップページ | ふつう »

コメント

こんばんは。
みかん、おいしそう。
なんとなく懐かしい気持ちになる食べ物であります。

うちの母は、たぶん最初子供の扱い方がわか
らなかったんじゃないかな~と最近思うように
なりました。
厳しい思い出しかありませんでしたから。
自分がある程度の年齢になってから、かなり
甘くなりましたけれど。
そんな気持ちがふっと思いおこされて
またいっそう懐かしくなりました。
ではでは~。

投稿: えーこ | 2005.07.15 00:29

えーこさん、おはようございます!

えーこさんのお母さまへの思い。
聞かせていただきどうもありがとうございます。
私もそれを拝見して、またいろいろなことが
ふっと思い起こされてきました。うるうるです。
私の母も厳しい人でもありました。
年を経るとともに変わってくるものがありますよね。
でも変わらないものもあります。

夏のみかんもなかなかのものですよ。
きょうこちらは晴れています。
えーこさんのところはどうかしら。
よい一日をお過ごしください。ではまた~


投稿: chiiko(えーこさんへ) | 2005.07.15 06:26

chiikoさん、おはようございます!
温室みかん、甘いんだろうな。
食べたい~っと思いました。
母親の愛情って、限りないものですね。
そして、今の自分があって。
書くことは、さらされること、
そうかもしれませんね。
少しずつたくましくなっていきたいものです。

投稿: うさうさ | 2005.07.16 06:37

うさうささん、おはようございます!
温室みかんは甘くて濃厚なんですよ。
私はちょっと冷やして食べます。
うさうささんのお母さまって、
うさうささんのような方なのでしょうね。
母の愛に満ち満ちている方。
うさうささんは日々たくましく書いていますよね。
そしてとてもキュートでラブリー。
私はうさうささんにものすごく勇気づけられ励まされてます。
きょうもよい一日を。ではまた~

投稿: chiiko(うさうささんへ) | 2005.07.16 07:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/4963575

この記事へのトラックバック一覧です: 温室みかん:

« 天日 | トップページ | ふつう »