« 届きますように | トップページ | 白い風 »

2005.07.26

杉浦日向子さん『江戸へようこそ』

私にも憧れの女性がいます。聡明で美しく輝いて今を生きている人。ずっと先の道を歩いて光のように導いてくれる人。杉浦日向子さんはそういう方でした。憧れの人が逝ってしまうのは寂しく悲しいです。

杉浦日向子さんといえば荒俣宏さん。異質だけれども似たもの同士なお二人だったのかもしれません。何も存じ上げない私がこんなことを今になって言うのは失礼かと思いますが、私も異質で似たものに強く惹かれるところがあるので、お二人のことはひとごととは思えないところがあります。出会いは一瞬で永遠で強烈だったことでしょう。

本棚をさがしたら『江戸へようこそ』(ちくま文庫)がありました。やさしく静かに微笑む杉浦さん。私は1990年発行第4刷を持っています。このころ私は東京を離れていたか、ふたたび移り住んできたころで、もういちど東京へようこそと呼んでくれたような本です。いま私は江戸のつづきの東京に住んでいる。もういちど読んでみたくなりました。

杉浦日向子さん、どうもありがとう。やすらかにお眠りください。

|

« 届きますように | トップページ | 白い風 »

コメント

chiikoさん,こんばんは。

chiikoさんほど思い入れはないのですが,「お江戸でござる」の淡々とした解説は好きでした。この番組に出られる以前から,お名前は知っていたと思いますが,書かれた本は読んだことがないので,どこで出会っていたのでしょうか。

同世代の方が若くして亡くなると,特別近しい方でなくても,残念な気持ちが募るものです。

投稿: なも | 2005.07.26 17:29

私の家では、お江戸でござるをよく見ています
杉浦さんの解説は、いつも分かりやすくて、私も大好きでした
いつの間にか変わってしまって、どうしたんだろう?と思っていました
そこにこの訃報
びっくりしてしまいました
聡明で美しい方。そうですね。私もそんな印象があります

安らかに

投稿: とんすけ | 2005.07.26 18:30

こんばんは、chiikoさん。
僕も以前、「お江戸でござる」に出演しているころの杉浦日向子さんのことを思い出しました。
江戸時代はただの封建時代だと思っていた僕に町人文化は喜怒哀楽がたくさんあって、とても生き生きして生きている人々の様子をわかりやすく教えてもらいました。
ご冥福をお祈りします。
じゃ、また。

投稿: とろやま太陽 | 2005.07.27 00:48

こんばんは。悲しい出来事でしたね。

ちょっと違う話ですが、何だか杉浦日向子氏は、chiikoさんのイメージと重なります。
chiikoさんのような、たおやかな日常をおくっていたのではなかったかなあ・・


投稿: BigBan | 2005.07.27 02:26

なもさん、おはようございます。
私は「お江戸でござる」で杉浦さんの姿を見たとき、
もう一度杉浦さんと出会ったような気がしました。
私は漫画や文章、対談などを通していろいろと教えてもらいました。

なもさんと同世代なのですね。なもさんって年男さんでもあるんですね。あれからしばらくして気づきました。
どうもありがとうございます。
よい一日を。ではまた~

投稿: chiiko(なもさんへ) | 2005.07.27 06:06

とんすけさん、おはようございます。
ご家族でよく見ているんですね。
私はここのところ番組は見ていなかったのです。
番組も降りておられたんですね。
私もびっくりしてしまいました。
杉浦さんは偉そうぶらないところがいいですよね。
安らかに。私も心からそう思います。

とんすけさん、やっぱり今ですよね。
よい一日をお過ごしください。ではまた~

投稿: chiiko(とんすけさんへ) | 2005.07.27 06:15

とろやま太陽さん、おはようございます。
とろやま太陽さんも杉浦日向子さんの思い出があるんですね。

江戸時代、できるなら私は行って暮らしてみたいなと思っています。
制約はいろいろあったものの、みんなカラフルに自由に
生きていたのではないかなと私も思っています。
それも杉浦さんに教えてもらったことです。

きょうもよい一日をお過ごしください。ではまた~

投稿: chiiko(とろやま太陽さんへ) | 2005.07.27 06:23

BigBanさん、おはようございます。
私はこの記事を書くときどうしようかなと迷う気持ちがありました。
BigBanさんの記事に後押しされたような感じなんですよ。
TBが後先になってしまいました。
ごめんなさい。そしてどうもありがとうございます。

私のイメージですか。
私の日常は悲しいことにドタバタなんです。
杉浦さん、すてきな女性ですね。

きょうもまたそれぞれの一日がはじまりますね。
よい一日をお過ごしください。ではまた~


投稿: chiiko(BigBanさんへ) | 2005.07.27 06:32

私も杉浦日向子さんのファンの一人でした。
江戸モノ漫画の。
”百物語”や”ゑひもせす”など・・・
また引っ張り出して読んでみよう。

若くて才能のある方だったのに・・・残念です。

投稿: ちえ | 2005.07.27 23:41

ちえさん、おはようございます。
ちえさんも杉浦日向子さんのファンだったんですね。
とても多才で多彩な活動をされた方ですよね。
江戸を心から愛していたのでしょうね。私もとても残念です。
作品は永遠です。
どうもありがとうございます。ではまた~

投稿: chiiko(ちえさんへ) | 2005.07.28 06:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/5155496

この記事へのトラックバック一覧です: 杉浦日向子さん『江戸へようこそ』:

» 夭折という言葉を噛み締めた-----杉浦日向子さん逝く [BigBang]
天才に限って若くして逝くという、良く言われる言葉がここまで真実だと思わされるのは [続きを読む]

受信: 2005.07.26 15:23

« 届きますように | トップページ | 白い風 »