« なみの日 | トップページ | 羞恥心 »

2005.07.04

つゆざむ

めざめたら あめ
きょうの気持ちはどうだろう
わたしの気持ち あなたの気持ち
ふたりの気持ち いまはわからない
きいてみないとわからない
あめの気持ちをきいてみる
あめの気持ちになってみる
すこし あたたかくなったよ

|

« なみの日 | トップページ | 羞恥心 »

コメント

思い切って・・・

「繰り返し 繰り返し 落ちてくる雨だれ
はやくなったり おそくなったり
ほら また急いでる
そんなに急いで どうするんだい
早く海へ出たいのかい
海への道は長いんだよ
そんなに急いで 道を間違えないようにね」

中学生のころは,結構雨が好きだったようです。

投稿: なも | 2005.07.04 07:01

chiikoさん、こんにちは!
ほんと、「つゆざむ」って感じですね。
表現がいいですね。
めざめたら あめ
  ちょっと、ゆううつな気分かなぁ。
雨が初めて降った時は嬉しかったのですけど、
こう何日も続くと、家の中も湿っぽくなりますしね。
chiiikoさんの気持ちはどうでしょうか。

投稿: うさうさ | 2005.07.04 09:45

なもさん、こんにちは!
思い切っていただき、どうもありがとうございます。
雨に語りかけて、雨と語り合っているような詩ですね。
これはなもさん中学生のときの詩ですか。
だとしたら、中学生のときの詩をずっと手元に
置いていらっしゃるんですね。
雨の気持ちが伝わってくる詩です。
あたたかい気持ちになりました。

どうもありがとうございます。
ではまた~

投稿: chiik(なもさんへ) | 2005.07.04 11:35

うさうささん、こんにちは!
きょうは朝からつゆざむです。
私は基本的に雨が苦手ですが、
きょうの朝めざめて雨だったときは、
そんなにゆううつではなかったです。
雨の音を聞いていたら、気持ちがすーっと落ち着いていきました。
ふしぎですね。それでこんな詩ができました。

湿っぽいのはいやですね。
雨でも気持ちはからりとしていたいです。
いまのわたしの気持ちはこんな感じです。
ではまた~

投稿: chiiko(うさうささんへ) | 2005.07.04 11:56

chiikoさん、こんばんは。
雨、結構好きです。(土砂降りや風雨ではなく、しとしと降る雨ですが)

しとしと雨が降る中、僕は森にいたのです。葉に当たる雨音が心地よく、生命を水が支えていると感じます。
雨を感じる?そんな感覚。

僕の住む街もあめです。

投稿: a-hyo | 2005.07.04 18:44

a-hyoさん、おはようございます!
私はときどき雨が好きになります。
しとしと降る雨はいいですね。
森のなかにいたんですね。
包まれるような雨なのでしょうか。
私にとって森はとても未知なる場所です。
いつか行ってみたいです。

あめはその後どうなりましたか。
めざめたら私の住む街はあめあがってました。
きょうもよい一日を。ではまた~


投稿: chiiko(a-hyoさんへ) | 2005.07.05 06:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/4820825

この記事へのトラックバック一覧です: つゆざむ:

« なみの日 | トップページ | 羞恥心 »