« 観客 | トップページ | 六月そぼふる雨の日に »

2005.06.10

きず

あえていわなくてもいい
あえてきかないから
あえていってもいい
あえたらきいてみたいから
あえていえたらいい
いえると傷は傷でなくなる

|

« 観客 | トップページ | 六月そぼふる雨の日に »

コメント

chiikoさん,おはようございます。

これはいくらなんでも怒られるかなあと思いつつ書いてしまいます。

「言えたら 癒える」?

失礼しました。

投稿: なも | 2005.06.11 04:39

なもさん、おはようございます!
いくらなんでも私は怒りませんよ。
とてもうれしいコメントです。
私のワンパターンな詩におつきあいいただき
どうもありがとうございます。
いえたらいいなと思ってます。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(なもさんへ) | 2005.06.11 06:10

私にもこんな時代がありました。

投稿: トシャ丸先生 | 2005.06.16 01:30

トシャ丸先生さん、おはようございます!
トラックバックしていただきどうもありがとうございます。
こんな時代があったんですね。
あの愛の頃があったんですね。
傷はいえましたか。いえているとよいですね。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!

投稿: chiiko(トシャ丸先生さんへ) | 2005.06.16 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/4491710

この記事へのトラックバック一覧です: きず:

» 愛こそすべてだった… [あすなろの詩]
   当たり前の景色なのにすべてがファンタジーに染まったあの愛の頃  としみつ [続きを読む]

受信: 2005.06.16 01:30

» 愛こそすべてだった… [あすなろの詩]
当たり前の景色なのにすべてがファンタジーに染まったあの愛の頃  としみつ [続きを読む]

受信: 2005.07.01 15:51

« 観客 | トップページ | 六月そぼふる雨の日に »