« 岡本太郎美術館 | トップページ | どこか遠くへ »

2005.05.28

連鎖反応

はねのけられて落ちこんだ しゅんとしてうつむいた
前の私はここでとまってた 今の私はちょっと後ろも向いてみる
はねのけたこともあったよ私 あんなことこんなこともあったよ私
それぞれの気持ちそれなりの理由 もういちどよ~く考えてみて
答えがでてもでなくても 前むけ私 前ゆけ私

|

« 岡本太郎美術館 | トップページ | どこか遠くへ »

コメント

あんずの場合・・

ブルーになったり
誰かにぶつけたり

後ろ向いたり
今度こそって思ったり(たまあにね。(^^ゞ)

人生いろんなことあるね。
いろいろありすぎて
時には笑い飛ばしたいね。

前向け、前向け・・・私も自分自身に言い聞かせよっと。(^^)v

投稿: あんず | 2005.05.28 19:01

あんずさん、おはよう!
あんずさんにもいろいろな心の反応の仕方があるのでしょうね。
今度こそって、そのたまあに、というのがいいですね。

私もたまあに笑い飛ばせるようになってきました。
私の場合、詩にすると笑い飛ばせるようです。

どうもありがとう。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(あんずさんへ) | 2005.05.29 05:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/4308689

この記事へのトラックバック一覧です: 連鎖反応:

» 句帖 筆まかせ二十四 [いろは 伊呂波 IROHA]
 軍法を畏れて戦後干支廻り  望郷の兵等が便り葵蔭 おどろき言ひあらはせぬ。 目醒まし氣に居る故死ねぬ違和も南無燃え父さへゆるむ。  常の世を見直す頃やわたつみに くんほふをおそれてせんこえとめくりはうきやうのへいらかたよりあふひかけおとろきいひあらはせぬめさましけにゐるゆゑしねぬゐわもなむもえちちさへゆるむつねのよをみなほすころやわたつみに  * 句帖の句主の父は戦後しばらくシベリアに抑留されて居たといふ設定です。   その前提で句を味はつて頂ければと。   それにしても希望されるな... [続きを読む]

受信: 2005.05.28 15:53

« 岡本太郎美術館 | トップページ | どこか遠くへ »