« 結婚するって本当ですか | トップページ | 問答 »

2005.05.12

この私

きりかえてもきりかえても
行き着くのはまわりまわって
ひとつところのあなたのところ
ならばきりかえなくてよいものを
きりかえずにはいられない
きりかえながら目指している
はやく気づけよこの私
迷ってももう惑わない
揺れてももう揺るがない
オリジナルなひとつ道を
いま私は行っている
やっと気づいたこの私

|

« 結婚するって本当ですか | トップページ | 問答 »

コメント

「そもそも,personal identityを持っているというconscious feelingは,同時に行われる2つの観察に基づいている。つまりそれは,時間的なself-sameness(→不変性)とcontinuity(連続性)の直接的な知覚と,他者が自己の不変性と連続性を認知しているという事実を,同時に知覚しているということである。」(エリク・H・エリクソン(小此木啓吾訳編)1973『自我同一性-アイデンティティとライフ・サイクル-』誠信書房 p.10。一部,なも が勝手に変更。)

「アイデンティティ」という言葉を,精神分析学→心理学の世界で新たに定義して使い始めたErik H. Eriksonが,この言葉を多分初めて公の論文で定義したときの説明です。(この本の原著自体が編著で,元々の初出は1946年。エリクソンは42歳,1933年に欧州から合衆国へ移住して13年目ということになります。)

投稿: なも | 2005.05.13 06:12

なもさん、おはようございます。
エリクソンさんはアイデンティティという言葉の父のような人なのですね。
自己同一性という言葉は知っていましたが、自我同一性という言葉は初めて知りました。
こちらのほうがぴんときます。
私は自分のなかに2人の自分がいて、それを1つにできたらいいなと思っています。
それがつまりはアイデンティティ、アイデンティフィケーションということなのかしらと、よくわかりもしないのに、ちょっと思ってみました。難しいですね。もうちょっと考えてみます。

いつもいろいろ教えていただいてありがとうございます。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(なもさんへ) | 2005.05.13 07:01

chiikoさん,こんばんは。好意的に受けとめていただけたようで幸いです。

詩を読ませていただいて,「私」と「あなた」の意味が今一つつかめませんでしたので,少し「試し球」を投げさせていただいたというところですが,そういうことだったのですね。

訳知り顔になりそうで心配ですが,ちょっとだけ説明させていただくと,「sameness(不変性)」とは,同一時点でもいろいろんな場面によって違った自分があるけれど,それらすべてが1人の自分なのだということ,「continuity(連続性)」とは,過去から現在,さらに未来に向かって,いろいろ自分は変わるけれど,そこには一貫した自分がいるんだということ,と言われています。

原文の言っていることは,こうした不変性と連続性の感覚を,まず自分が持っており,それが周囲の見方と一致しているとき,「これが私のアイデンティティなんだ!」と実感できる,というくらいの意味らしいです。

なお,エリクソン自身が,言葉をきちんと定義して使う人ではなかったようですので,「self identity」と「ego identity」とがどう違うのかといったことは,一部の専門家以外気にする必要はないようです。

投稿: なも | 2005.05.13 19:23

なもさん、こんばんは!
試し球を投げたのですね。
大体において私の詩は、書いた私にしかわからないという意味不明な詩が多く、さらに書いた私にもよくわからないという奇妙奇天烈な詩ばかりなのです。
読んでいただいてありがとうございます。
「私」と「あなた」の意味も、なもさんのこのコメントを読んで、そういうことだったのかもしれないと、思い至った次第です。

「それらすべてが1人の自分」
「一貫した自分がいる」
なんだかとても意味あるフレーズばかりです。

私には、自分の内と外をつなぎたいというメインテーマがあります。
そのこともアイデンティティと関係がありそうですね。

これからもいろいろと教えていただきたいと思います。
どうもありがとうございます。
よい週末をお過ごしください。ではまた!

投稿: chiiko(なもさんへ) | 2005.05.13 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/4097405

この記事へのトラックバック一覧です: この私:

« 結婚するって本当ですか | トップページ | 問答 »