« 春の日ひとり | トップページ | 春のライン »

2005.04.07

静かな春風の日

久しぶりに手紙を書いた。便箋を前にして、最初書けるかなとちょっと不安だったけれど、意外とさらさら書けた。便箋に書かれた自分の文字を久しぶりに見て、ほっとした。懐かしかった。くせのある文字。このくせのある文字がくせもので、私の私たるゆえん。自分との再会。
飯田史彦さんの『生きがいの創造Ⅱ』をきょう読み終えた。「Do Not Say Good-Bye、愛するあの人と、また必ず逢える」。合い言葉は「つながった!」。届け出も手続もいっさい要らない。いつでもすぐにつながることができるんだと教わった。きょうは午後から静かな風が吹き、満開の桜がはらはらと舞っていた。美しく静かな春の日この日。

|

« 春の日ひとり | トップページ | 春のライン »

コメント

字って不思議ですよね。
書かないでいるとどんどん下手になるような気がします。
最近はPCを使うことが多いので余計に、紙に字を書く機会が減っているようです。
字に性格みたいなものが出るような気がたまにします。
やはり字に性格などが反映されるのでしょうか。

投稿: アキラ | 2005.04.07 20:08

アキラさん、おはようございます!
私も最近はPCでオンラインで書くことがほとんどで、字を忘れそうになっています。
アキラさんの字はどんな字なのでしょうね。
見たことはないですけど、何となく目に浮かびます。
アキラさんは写真の人でもあるけれど、文字の人でもあるように思います。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!

投稿: chiiko(アキラさんへ) | 2005.04.08 07:12

おはようございます。

たまにはお手紙を書くのもいいですよね。
パソコンで文章を書くよりも、手書きの文字を書くほうが、脳みそもよく使うと聞きました。
・・・でも、パソコンで文章を書くときも、結構脳は使っていますけどねえ・・。

「生きがいの創造Ⅱ」を読み終えたのですね。
亡くなった人はもちろん、生きている(だろう)けれど離ればなれになってしまって、よほどの偶然がなければもう会えそうでない人も、きっとそのうち逢えるということですよね。

永遠につながっているということですよね・・。

投稿: ケララ | 2005.04.08 07:24

ケララさん、おはようございます!
いつもどうもありがとう♡
手紙を書くのはほんとうに久しぶりです。
以前はよく手紙を書いていたのですけどね。
書かせてくれた相手の方に心から感謝したいと思います。

きのう読みおえました。
すべてはほんとうのことだと直感し、理解しました。
生きているってすごいことですよね。
「病院から逃げてきた少女」の話を私は初めて読みました。涙がとまりませんでした。私も飯田さんのように、心の声に従ってこの瞬間この瞬間を大切に生きていきたいと思います。
この道の先にいつかまた逢える日があることを信じて。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2005.04.08 07:33

こんにちわ!
思えば、私は手紙を書くのが大好きでした
便箋もたくさん持っています
でも、今は使う機会がめっきり減ってしまいました。すっかり携帯メールであったり、パソコンのメールであったり、という形に変化してしまいました
私は、仕事で住所とかを書くことばかりなので(注文を受けるため、注文書を何十枚も書くんです)自分の字が気に入らなくなって、ペン字を始めたりしました
でも、日常では書く作業が減ってしまい、字を忘れてしまいますね。
脳みそ使わないと!!!という事でしばらくサボりがちなペン字を帰ったらやろうと反省しました

投稿: とんすけ | 2005.04.08 17:05

とんすけさん、こんばんは!
とんすけさんは書くことがとても好きな方なのでしょうね。
そして、書くことがとてもお上手な方です。
記事が生き生きしています。

ペン字を始めたりもしたんですね。
とんすけさんは向上心のある方ですね。
見習うことが多いです。
とんすけさんの字は、素直で心のこもった字なのだろうなと推測します。

体調はその後、いかがですか。お大事に。
ではまた!

投稿: chiiko(とんすけさんへ) | 2005.04.08 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/3601021

この記事へのトラックバック一覧です: 静かな春風の日:

« 春の日ひとり | トップページ | 春のライン »