« サンクチュアリー | トップページ | 岡本敏子さん »

2005.04.20

ズヴァリ

ケロロ軍曹の放送は金曜日の夕方。さらにディジタル放送で火曜日の夕方にも再放送をしていることに気づいた私。それで今回2回も見てしまいました。2回も見るとケロロ軍曹のこともだんだんとわかってきました。今回ケロロ軍曹は探偵となり、ゴゴローさんが豆腐の角で頭を打って気絶するという密室事件を推理していました。

決めゼリフは「ズヴァリ」。それでもって大胆推理をするけれど、ことごとく外れて、結局、自分を真犯人へと導き出してしまうという、かなりまぬけな展開。私も時々ズヴァリ直感がひらめくことがあるけれど、単なる思い込み、思い違いということもよくあるので、やっぱり私とケロロ軍曹はどこかで何かが微妙にシンクロしているなと思いました。

ケロロ軍曹を見ていて、我ながら情けないほどよく笑えました。笑いはときに人の心をひととき癒すものだと実感しました。

笑いといえば最近日経新聞にウッディ・アレンのインタビュー記事が載ってました。「最悪の展開こそ、コメディー作家にとって金塊だ」と。けだし名言です。それならば「最悪の展開こそ、詩人にとって金塊だ」とも言えるかもしれないと、ズヴァリひらめいたのであります。

|

« サンクチュアリー | トップページ | 岡本敏子さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/3776885

この記事へのトラックバック一覧です: ズヴァリ:

« サンクチュアリー | トップページ | 岡本敏子さん »