« 錯覚 | トップページ | 予期 »

2005.04.22

『恋愛芸術家』

岡本敏子さんの『恋愛芸術家』を、一気に読みました。
ナマの敏子さんがいまここにいて、語りかけてきます。
「どこを切っても岡本太郎さん」とよく言われていたそうですが、
この本も、どこを開いても、岡本敏子さんと岡本太郎さんがいます。

「恋をしていますか?」でこの本の語りは始まります。

「わたくしは岡本太郎さんのことがだーい好きっていう、ただそれだけで満たされてた。あのまんまの太郎さん、その全体が好きなの。

だから、あの人がこうであったらよかったのに、なんていうことはぜんぜん考えたことがなかった。あの人がどっかにいるだけでよかったの。」

「そういうふうに自分で満ち足りている。それが恋よ。

満ち足りるっていうのは、自分だけの問題なの。あふれる愛を人から与えてもらおうと思っても、それは無理。」

岡本敏子さんは
いつも恋をしていて
いつもいまを生きていたんだなと
本を読んで、じんじんじわじわ伝わってきました。

「いまないものは先になってもない」
と太郎さんから教わったと書いてあります。
「可能性なんて言ってるのは自分へのごまかしなんだ」
「可能性なんて言うな。いまないものは、先になってもないんだ!」
と太郎さんにピシャリ言われたそうです。
ズヴァリそのとおり。いまないものは先になってもないですよね。

「いま、だけなのよ。
生きているのは。
いましかないのよ。
確実に、自分の手の中にあるのは。」

メッセージは「恋をして!」「いまを生きてよ!」
「自分がわからなくなるほど、ひたすらに」

岡本敏子さんは何者でもない岡本敏子さん。
あえて役割の名前をつけるとすれば恋愛芸術家。

|

« 錯覚 | トップページ | 予期 »

コメント

おはようございます。

今日のchiikoさんの言葉(岡本敏子さんの言葉)にはズキズキきました。
で、リンクされている「恋愛芸術家」の本の紹介を読み、目次にある「自分自身に恋をして」という言葉に、すごく納得しました。

他人に恋するには、まず自分自身に恋する必要があるんですね。
自立した恋愛、相手に寄りかからない恋愛は、まず自分を恋することから始まる・・・。

私も、自立した恋愛(・・・恋愛に関わらず、ですが)をできるようになりたいと思います。
今から自分に恋します!!

投稿: ケララ | 2005.04.22 07:43

ケララさん、おはようございます!
いつもどうもありがとう。
ズキズキきましたか。
私も敏子さんの言葉を読んでいて
じんじんズキズキきました。

ケララさんのいう「自立した恋愛」ということも敏子さんはこの本で語っていました。
「お互いに、それぞれが自立していること。
自分は自分で立っていること。
そうでないと、いつまでたってもその恋愛はむなしいままね」と。

それでもって
「お互いに相手を引き出すの。
自分だけでは『自分』にはなれないもの」と。

私はケララさんに恋してますよ。
ケララさんも自分にもっともっと恋してくださいね。

きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2005.04.22 08:34

そうか・・。
「自分だけでは『自分』になれない」というのも、なるほど!と思いました。

確かに、相手とからんだ結果、初めて「ああ、自分にはこんな部分もあったんだ」と思い知ることがあります。

それって、普通は無意識にからんで、ほとんど無意識に思い知っているわけですけど、岡本敏子さんは「恋人同士なら、それを意識的にやってみろ」と言っているわけですね。
はぁぁぁぁぁぁ~(←長いため息)

とてもいいヒントをいただいた気がします。
chiikoさん、敏子さん、どうもありがとうございました(^^)

あと、chiikoさんは私に恋してくれているのですね。
感激です。どうもありがとうございます!!
私もchiikoさんに恋しています。
お互いに、自分に精一杯恋しましょうね!!

投稿: ケララ | 2005.04.22 11:00

素敵な人なんですね。
岡本敏子さん。
私も読んでみよっと!

投稿: まりりん | 2005.04.22 13:10

ケララさん、こんにちは!
私もたくさんのヒントとひらめきをいただきました。
まずは自分を好きになることですね。
そして、ケララさんと私は両思いだということを確認できて、
私、とてもハッピーです♡
どうもありがとう。ではまたね!

投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2005.04.22 17:33

まりりんさん、こんにちは!
岡本敏子さん、知れば知るほど素敵な人です。
私は敏子さんの本はこれで2冊目です。
これからもっと敏子さんと太郎さんのことを知っていきたいと思います。

どうもありがとうございます。
ではまた!

投稿: chiiko(まりりんさんへ) | 2005.04.22 17:36

「いまないものは先になってもない」という言葉は素敵な言葉であるとともに鋭さを介在させているように思います。
「自分探し」という言葉がありますが、あれは全くのゼロから始めるのではなく、自分の内側から探すことなのかな、と思いました。
内側と外側の意識が上手に一致すると何かがみつかるのかも、と。
岡本太郎さんはどうしても面白い人だというイメージが付きまとっていたのですが、どうやら誤解していたようです。

投稿: アキラ | 2005.04.23 21:44

アキラさん、おはようございます!
この言葉、鋭いですよね。
「自分探し」のことも、アキラさんのおっしゃるように、どこかにある自分ではなく、ここにいる自分をまずは認めるということなのでしょうね。
内と外との一致、できそうでできませんね。でも、そこへ向かって少しずつでも向かっていきたいと思います。
誤解が解けてゆきましたか。私も誤解していたことが多いです。

きょうは快晴ですね。
よい一日をお過ごしください。ではまた!

投稿: chiiko(アキラさんへ) | 2005.04.24 07:46

「恋愛芸術家」読みました。
いつも枕元に置いておきたい本ですね。
私の聖書になりそうです。

投稿: まりりん | 2005.05.12 22:17

まりりんさん、おはようございます!
「恋愛芸術家」いい本ですよね。
語りかけてきますよね。
言葉が心にすっと入ってきますよね。
敏子さんに出会えてよかったなと思います。
これからも敏子さんと太郎さんに出会っていきたいです。
どうもありがとうございます。
ではまた!

投稿: chiiko(まりりんさんへ) | 2005.05.13 06:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/3805354

この記事へのトラックバック一覧です: 『恋愛芸術家』:

« 錯覚 | トップページ | 予期 »