« ただ見る日 | トップページ | 静かな春風の日 »

2005.04.07

春の日ひとり

ずっとひとりでいた
ひとりで朝、目覚めて
ひとりで仕事して
ひとりで昼ご飯を食べて
ひとりで図書館に行って
ひとりで散歩して
ひとりで夕ご飯を食べた
やがてひとりが帰ってきて
ひとりの時間は終わった
いまもずっとひとりの時間が
つづいているような気がする

|

« ただ見る日 | トップページ | 静かな春風の日 »

コメント

こんにちは。
やっと書き込めるようになりましたね。

もしかして、昨日からお一人だったのですね。
私は、いつもの通り、朝7時前頃から一人でした。
でも、chiikoさんが一人だと聞いて、なんか、一人じゃない気がしました。不思議ですね。

私はまだ一人なんですけど、今日は14時からのテレビに「大好きなおじさん」が出ているので、おじさんのオヤジギャグに一人でツッコミを入れていました。
・・・今日は、一人をじっくり感じていようと思ったのに、感じられたのかよくわかりません??

投稿: ケララ | 2005.04.07 16:43

ケララさん、こんにちは!
きょうの私は半分ひとりのような感じでした。
この詩はずっと前に書いていて、
いつ記事にしようかなとずっと思っていて、
きょうがその日かなと思って、記事にしました。
どうしてなのかは自分でもよくわかりません。
春の日の静かな穏やかな日で、メンテナンスの日だったからかもしれません。
一人をかみしめてみました。とても気持ちのよい春の日だったから。

大好きなおじさんが出てきたんですね。心の友達のような存在かしら。

はやく帰ってくるといいですね。
ではまた!

投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2005.04.07 17:29

>きょうがその日かなと思って、記事にしました。
>どうしてなのかは自分でもよくわかりません。

ええ~!???

こんにちは、chiikoさん。

学生のころ、田舎に住んでいて、春・夏・冬の長期休暇の時だけ、札幌の予備校で講習を受けていました。
期間は毎回、2週間。
ひとり、誰ともしゃべらない生活。
気が狂いそうになりました(^^;
1週間くらいでダウンして、友だちと遊んでしまうようになるんですけどね。
それとは違って、たまのひとりはイイカモですね。

ではでは。

投稿: たかや | 2005.04.07 20:08

たかやさん、おはようございます!
きょうがその日って
ほんとうに自分でもよくわからないのです。
何となくわかっているけど、よくわからない。
言ってしまうと、それまでよという感じです。

ひとり、誰ともしゃべらない生活。
これはなかなかしたくてもできない生活ですよね。

たまのひとりはいいですよね。
できるならば春のうららの日がいいなと思います。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!

投稿: chiiko(たかやさんへ) | 2005.04.08 07:08

こんばんわ。
会社生活では人と喋らない日ってないんですが、今週は水、木と
退勤時に寄り道して一人で桜見物に出かけました。
周りでは、”綺麗だねぇ!”とか感想を語り合う声が聞こえ、ちょっと
寂しさも感じましたが、逆にカメラのファインダーの向こうに集中できる、
無数の人込みの中で、誰にも邪魔されず貴重な時間だったような気が
します。
寄り道が終わっていつもの退勤ルートに戻ると普段と変わらない空間。
σ(・_・)が一人旅が好きだった理由が今更ながら思い起こされます。

投稿: kent | 2005.04.09 02:02

kentさん、おはようございます!
会社帰りのお花見はひとりだったんですね。
記事からは静かであたたかい感じが伝わってきましたよ。
大人になると、ひとりでいる時間はなかなか持てないですよね。
ひとりでしかできないこともありますよね。
またいつもの道を通って、いつものところへ帰っていくと、いつものみんなが待っていてくれる。
春は当たり前のことがとても幸せだなと気づくことが多いです。

どうもありがとうございます。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(kentさんへ) | 2005.04.09 07:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/3600586

この記事へのトラックバック一覧です: 春の日ひとり:

« ただ見る日 | トップページ | 静かな春風の日 »