« 紙一重で惜敗。 | トップページ | 桜開花直前。 »

2005.03.27

偏愛主義

博愛のひとを好きになる偏愛のひと
その博愛がときにくるしく
この偏愛がいつもせつない
博愛と偏愛のかなしい両思い

|

« 紙一重で惜敗。 | トップページ | 桜開花直前。 »

コメント

博愛のひとも、ときにそれが悲しくて
博愛の中の偏愛に走ることがあります。
博愛のひとのあこがれは、偏愛なんです。
「偏愛できたら、どんなに幸せだろう」と
博愛のひとは想うのです・・。

投稿: ケララ | 2005.03.27 22:30

ケララさん、おはよう!
博愛と偏愛は互いに引き合うものなのかしら。
「博愛できたら、どんなに幸せだろう」
偏愛のひとが博愛のひとになれたら
博愛と博愛のハッピーエンド物語
になるのかもしれませんね。
どうもありがとう。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(ケララさんへ) | 2005.03.28 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/3454673

この記事へのトラックバック一覧です: 偏愛主義:

« 紙一重で惜敗。 | トップページ | 桜開花直前。 »