« 悲しい両想い | トップページ | わらってさようなら »

2005.03.05

思いのままに梅の花

きょうは啓蟄。書けないけど読める日。啓蟄は好きな日。
冬ごもりの虫たちが地中から出て活動を始める日。

きょうの吉方位はなんとなく西のような気がして、多摩川と鶴見川を越して横浜の大倉山公園に梅を見に行きました。梅がきれいに咲いていました。梅の1本1本に品種名が書かれていて、梅の名前もいろいろなんだなと思いました。野梅、白加賀、桜梅、筑紫紅、寒紅梅、八重寒紅……。「思いのまま」という名前の梅もありました。不思議なことに、1つの木に白と薄紅の2色の花を咲かせていました。だから思いのままなんですね。思いのままに咲いて咲かせる梅の花。

それでさっきふと思い出したのですが、はるか昔の高校の卒業式はたしか3月4日か5日でした。NHK「みんなの童謡」で「仰げば尊し」が流れてました。近頃この曲はあまり歌われなくなったとか。時代遅れなのでしょうか。「いまこそわかれめ~」というところがじんとくる歌です。このフレーズが最近私の中でよく思い出されて響いてました。

|

« 悲しい両想い | トップページ | わらってさようなら »

コメント

chiikoさん、こんばんわ!
今日は梅の花を見に行かれたのですね。
吉方位は西でしたか。
横浜って街、好きですよ。
山下公園や中華街くらいしか知りませんが(笑)
梅の花にも色んな名前があるのですね。
寒紅梅、八重寒紅には「寒」という字が入ってますね。
やはり、寒いこの時期に元気に咲いているからでしょうか。

投稿: うさうさ | 2005.03.05 22:11


 ここ数日 また寒いですが… {{(>_<)}}
 chiikoさん、お元気そぅで 何より^_^

 梅の美しさの背景に必要なのは 寒さ かも

        雪に咲く
            梅や人にも
                   ほしき意地

投稿: KA○ | 2005.03.05 22:40

chiikoさんこんばんは。
横浜の大倉山に行ってこられたのですね。
高校があのへんでした。懐かしいな。

今住んでいるあたりでも、梅が咲いています。
梅の花は、香りもいいですね。
春が来つつあることを告げるようで。

投稿: アスワド | 2005.03.06 02:36

うさうささん、おはようございます!
きのうは何となく西のほうに行ってみたくなりました。
横浜へも来られたことがあるんですね。
中華街、山下公園のあたりは今、大にぎわいです。
港のある町はいいですよね。
いまの時期咲く梅の花はとても力強いです。
きのう見た梅もたくましく力いっぱいに
そしてかわいく咲いてました。
いつもどうもありがとうございます。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!

投稿: うさうささんへ | 2005.03.06 07:31

KA○さん、おはようございます!
寒い日が続いていますね。
こちらはきょう雪の予報が出ています。
私は風邪もひかずに元気に過ごしてます。

KA○さんの俳句、繊細であたたかい言葉ですね。
意地という言葉が、これほどまでに潔く美しく
私に響いたのは初めてです。
KA○さん、すごいですね。
どうもありがとうございます。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: KA○さんへ | 2005.03.06 07:37

アスワドさん、おはようございます!
あのあたりで高校時代を過ごされたんですね。
私もあのあたりで過ごしたことがあるんですよ。
熊野神社は私の好きな神社です。
梅の花を見るとほっとします。
香りもほっとします。
梅の花は風が吹いてもなかなか散らないところが
好きです。
肩はその後どうですか。お大事に。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!

投稿: アスワドさんへ | 2005.03.06 07:44

源平梅という梅もあるそうです。
やはり紅白が混じった梅で、源氏も平氏も一緒、的なところからそういう名前がついたそうです。
でも名前としては「思いのまま」の方がいいかもしれませんね。

投稿: アキラ | 2005.03.06 17:46

アキラさん、こんばんは!
最近はあちらこちらで梅の花が咲いていますよね。
源平梅という梅もあるんですね。
もとは一緒ということですね。
「思いのまま」という名前を見た瞬間、
なんて詩的で奥ゆかしい名前なのだろうと思いました。
梅の種類もいろいろですね。
わたしはやはり雪の花のように見える
白い梅の花が好きです。

また明日から新しい週が始まりますね。
お元気で。では、また!

投稿: アキラさんへ | 2005.03.06 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/3183469

この記事へのトラックバック一覧です: 思いのままに梅の花:

« 悲しい両想い | トップページ | わらってさようなら »