« いともかんたんに | トップページ | ファジーな私 »

2005.02.23

きみにほめられたくて

公平であればあるほど
だれかのことを傷つけて
きみをいちばん傷つけて
ぼくをにばんめ傷つけて
公平なんてありはしないのに
公平なんてできはしないのに
ぼくは ただ きみに
ほめられたいだけなのに

|

« いともかんたんに | トップページ | ファジーな私 »

コメント

おはようございます。
出勤直前のなので手短にコメントします。
ズバリ、堀江社長のことでしょうか?

投稿: 微風 | 2005.02.23 07:28

微風さん、おはようございます!
早々ありがとうございます。
ほりえさんのことが思い浮かびましたか。
ズバリ、はずれてます。
でも、連日、テレビで見ているから
もしかしたら深層意識にはあったのかも。
そんなふうに読んでいただけて
なんか新しい発見で、うれしいです。

堀江さん(新しい風)VS守旧派の人たちのたたかい、
とても興味深いです。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!

投稿: 微風さんへ | 2005.02.23 07:44

おはようございます。宇多田ヒカルの「誰かの夢が叶うころ」このうたを 思い出した。

昨年仕事のパートナーの危篤の連絡(ずっと病と闘っていた)を受け 車の中からこの曲が聞こえてきました。全ての思いは届かない、、、でも それは現実なんでしょうね。

投稿: クゥ | 2005.02.23 08:13

こんにちは。

「公平」とか、「平等」とかって、なんだろう、と、よく、思います。

「同じ」ではない。
「同等」でもない。
あくまで、「公平」であり、「平等」であり。

与える側と受け取る側。
「公平でない」と感じるのは、受け取る側の自己中心の現れのようにも思います。

投稿: たかや | 2005.02.23 12:42

クゥさん、こんにちは!
宇多田さんの曲を思い出されたんですね。
今、歌詞を読んでみました。
君を癒せるたった一人になりたい……
でも、僕らの地面は乾かない……
みんなの願いは同時には叶わない……

メッセージありがとうございます。
ではまた!

投稿: クゥさんへ | 2005.02.23 16:38

たかやさん、こんにちは!
公平であること、難しいですね。
何が公平であるか。何が平等であるか。

おっしゃるように
与える側と受け取る側、両方の論理がありますよね。
公平であろうとすること自体、自己中心なのかもしれません。
私は自分でとても自己中心的な人間だなと思います。
ではまた!

投稿: たかやさんへ | 2005.02.23 16:45

ほめられると気持ちいいですよねぇ。

 恍惚・・。

 でしょうか。

 

投稿: Hama | 2005.02.23 19:47

なんだか、きゅんとなりますね、このフレーズ。

chikoさん、背景変わりましたね。
びっくりしちゃいました。(@_@;)

=^-^=うふっ♪

投稿: あんず | 2005.02.23 21:17

こんばんは、chiikoさん。
今までの中で一番いいなこの詩。
こう言ったら、今までの詩に
不公平かな、でもそう感じたから
しょうがないよね。
僕がほめましょう。
よくできました。
じゃ、また。

投稿: とろやま太陽 | 2005.02.24 02:02

Hamaさん、おはようございます!
ほんとほめられると気持ちよいです。
ほめられたいですよね。
こうこつって、すごい言葉ですね。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: Hamaさんへ | 2005.02.24 07:20

あんずさん、おはようございます!
なんだか、きゅんとなりましたか。
なぜかしらね。これを書いているとき
私もきゅんとしてたからかな。

背景。あれは一瞬の気の迷いです。
またすぐにもとに戻しました。
もとに戻したつもりが戻ってなかった模様。
きょうもよい一日を。ではまた!


投稿: あんずさんへ | 2005.02.24 07:27

とろやま太陽さん、おはようございます!
この詩、一番いいとのこと。
ほめていただいてありがとうございます。
最近、天気概況とか天気予報がブームなのでしょうか。
私のブルーモードも大炸裂。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!


投稿: とろやま太陽さんへ | 2005.02.24 07:42

こんばんは、chiikoさん。
chiikoさんのこの詩のリズムと言葉が僕にまた詩をつくらせてくれました。ありがとうございます。トラックバック、送らせてもらいました。
じゃ、また。

投稿: とろやま太陽 | 2005.05.11 23:14

とろやま太陽さん、おはようございます!
「今までの中で一番いいなこの詩」というコメントをいただいたことをずっと覚えていました。とてもうれしく、でも書いた私としてはどこが一番いいところなのかよくわからないまま、ずっと来ていました。
そういえばこの詩にはリズムがありますね。
そして、私の切なる素直な思いがあります。
今の私とこのときの私、何も変わっていないようで確実に変わっています。

また読み返してみて新しい気づきがありました。
トラックバックどうもありがとうございます。
ではまた!

投稿: chiiko(とろやま太陽さんへ) | 2005.05.12 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/3043217

この記事へのトラックバック一覧です: きみにほめられたくて:

» 傷つけて [とろやま太陽]
僕はきみを傷つけて きみは僕を傷つけて 僕は勝手に傷ついて きみは勝手に自分を責 [続きを読む]

受信: 2005.05.11 23:08

« いともかんたんに | トップページ | ファジーな私 »