« ファジーなてんき | トップページ | いともかんたんに »

2005.02.22

失恋記念日

「不機嫌なジーン」。きのうはじんこさんの失恋記念日。
小さなほころびが、いつの間にか大きなほころびとなってしまった。
小さな嘘が、ほんとうの真実を明らかにしてしまうことがある。
どうしたって好きな人のことは、どうしたって好きだし、
もう好きではない人のことを、好きでいることはできないのだ。
遠ざかるカーブ。

けれど、転んでもただでは起きないじんこさん。
オオクワガタは見つけたし、王子さまも迎えにきてくれた。
ぼろぼろに傷ついたじんこさんを背負ってよたよた歩く内野さん。
カッコよくない2人も運命の二人一緒にいればカッコよい2人になる。
「見つけてくれてありがとう」とつぶやくじんこさんに、私もじんときた。
近づくカーブ。

それで先日、日経新聞の書評で、量子コンピュータの本紹介の際に「エンタングルメント(絡み合い)」という「不可解で魅力的な概念」が紹介されていた。エンタングルメントとは「運命の糸で結ばれた恋人同士のように、宇宙の離れた場所にある粒子同士が瞬時に影響を及ぼし合う現象」をいい、すでに実証され、量子コンピュータ開発に利用されているとのこと。私は量子力学もコンピュータもまるでわからないが、エンタングルメントとはテレポーションとかテレパシーのことではないか、と理解した。テレポーションもテレパシーも、恋愛の世界においては日々実証済みなのだ、と「不機嫌なジーン」を見て実感した。

追記。日経の書評では『量子コンピュータとは何か』『量子コンピュータへの誘い』『量子のからみあう宇宙』の3冊が紹介されていました。

|

« ファジーなてんき | トップページ | いともかんたんに »

コメント

こんにちは。
見えない粒子、糸、オーラは広大な範囲で飛び交っていると私は思います。
しかし、それがどう結ばれるのかが、運命的というかなんと言うか。
とにかく私はchiikoさんに出会えて幸せです。
先日もお世話になりありがとうございました。

不機嫌なジーンは見ていませんが、あらすじがなんとなく伝わります。

投稿: XX | 2005.02.26 20:33

XXさん、おはようございます!
失恋記念日にコメントどうもありがとうございます。
そうそう。広範囲に飛び交っているけど、それをいつどうやってキャッチしてリンクしていくか、それが問題なのですよね。
それはまさに運命的。
そこにはやはり神の見えざる手があるように思います。
その出会いは不可避で、当然の帰結でもありますよね。

私のほうこそありがとうございます。
いろいろと気づかせていただきました。
これからもよろしくお願いしますね。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: XXさんへ | 2005.02.27 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/3034478

この記事へのトラックバック一覧です: 失恋記念日:

« ファジーなてんき | トップページ | いともかんたんに »