« パートナー | トップページ | 日曜日 »

2005.02.20

『最低で最高の本屋』

『最低で最高の本屋』松浦弥太郎著

タイトルにひかれて、今、読んでいる本です。
全部読みおえてはいないし、読み方も、その日の気分で読みたいページを開いて読んでいるので、全体の感想は書けないけれど、共感し、教わることが多いです。今の私の心に響いた部分を引用します。

「僕が書いたものを読んで、家族はどう思うんだろうと時々考えます。僕は家にいたら普通の父親ですが、文章を書くときは家族とかを抜きにしたひとりの男になります。その文章のなかには、家族が知らない思い出も書かれています。逆に言えば、僕の書いたものを毎回読んでくれている人がいたとしたら、家族よりも僕のことを知っているかもしれない。でも、表現者の道を選んでしまった以上、それは覚悟せざるを得ないと思う」。

私は表現者ではないけれど、オンラインで「自分のこと」を書くのは、やはり覚悟がいるし勇気がいることだなと改めて思います。

|

« パートナー | トップページ | 日曜日 »

コメント

♪わたし~は羊 村中~でいちばんと~うわさの娘~~

この話題とはなにも関係ないのですが、「もっかの音楽」がZABADAKになっていることに今気づいたので(^^;
録音したテープはずいぶん前に捨てられてしまったので、今となってはきくことができない音楽です☆ また、聞きたくなってきました。

ひょっとすると、chiikoさんには谷山浩子さんも気に入っていただけるかも。(歌を歌ったり本を書いたりするひとです)
谷山浩子さんを気に入っていただけると、ひょっとして、ひょっとすると、新井素子さんも・・・。(作家さん☆)

ついでのようでアレなのですが、『最低で最高の本屋』ってタイトル、『注文の多い料理店』なみにインパクトのあるタイトルですね☆

エッセイ、なのでしょうかね?

投稿: たかや | 2005.02.20 13:13

こんばんは!
オンラインで自分のことを書くというのは
少し抵抗があります。いまだに。
書いているうちに自分の考えていることとは
少し違う表現がひょいとでてきたり、
意外と普通だなと思ったりします。
何とくらべてというわけではないけれど。

一部ではあるけどすべてではない、人間関係と
同じようにいろいろな場面に違う自分がいるの
だからという気もします。
私の場合はそんな気構えが必要のようです。
ではでは~。

投稿: えーこ | 2005.02.20 18:38

こんばんは〜。
いまここに書かれてあること
そっくりそのまま今思ってます。
カミさんには恥ずかしくていえないこと
書いてます。できるだけ恥ずかしさを
超えて。な〜んちゃって。

投稿: face | 2005.02.20 18:45

faceさんと全く同じ。

私もここに書かれてあること、そっくりそのまま思っています。
夫君がよんだら、......\( ><)シぎょぇぇぇ ってなるかも…。≧(´▽`)≦アハハハ


投稿: あんず | 2005.02.20 20:13

たかやさん、こんばんは!
私、ZABADAKの曲、大好きなんです。
特に初期のころの曲。
「私は羊」はいいアルバムですよね。
「小さい宇宙」が一番好きな曲です。
機会があればまた聴いてみてくださいね。

谷山浩子さんは一回コンサートに行ったことがあります。
少女の夢の物語。声も素敵です。
「おやすみ」「真夜中の太陽」が好きです。

新井素子さんの小説はあまり読んだことがないのですが、
TVドラマの「結婚物語」を毎週夢中になって見てました。
コッヒーの歌もよかったですよね。
たまたまきょう「I'm Here」のアルバムを聴いてます。

そうです。この本はCOW BOOKSという書店のオーナーの方のエッセイです。とても素敵な本です。

きょうはコメントどうもありがとうございます。
ではまた!

投稿: たかやさんへ | 2005.02.20 20:21

えーこさん、こんばんは!
そう、私もいまだに抵抗があります。
日々葛藤です。
でも、今はやはりオンラインで書きたい気持ちが
強いです。今はアウトプットの時期だなって。

えーこさんのおっしゃるように
ここにある自分は、一部ではあるけど、すべてではないですよね。
もしすべてだったら怖いですよね。
まずは日常生活を大切に生きて、その一部として今の私がこのオンラインで書いているという感覚を大切にしたいと思います。
ではまた!


投稿: えーこさんへ | 2005.02.20 20:39

faceさん、こんばんは!
特にこの文章は男の人が書いているので
そっくりそのままと感じるのかもしれませんね。
奥様に恥ずかしくて言えないことを書いているんですね。
でも、それはほんとうはだれよりも一番奥様に聞いてほしいことなのではないですか。な~んちゃって。(←な~んちゃっての使い方はこれでよいのでしょうか。)
いつか言えたらよいですね。もう伝わっているのかも。ではまた!

投稿: faceさんへ | 2005.02.20 20:47

あんずさん、こんばんは!
あんずさんもそっくりそのままなんですね。
読んだらぎょぇぇぇなの?
でも、案外、あんずさんのことを
もっともっと好きなるかもよ。
きっとそうなると思いますよ。
あすからまたがんばってね。ではまた!

投稿: あんずさんへ | 2005.02.20 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/3004674

この記事へのトラックバック一覧です: 『最低で最高の本屋』:

« パートナー | トップページ | 日曜日 »