« 『使いみちのない風景』 | トップページ | きょうは »

2005.02.14

「永遠のフォークソング名曲集」

土曜日、NHK衛星「永遠のフォークソング名曲集」を見た。さらに昨日ハイビジョンの再放送も見た。私はフォークソングをどっぷり聴いて育った世代ではないけれど、聴いたことのある曲が半分以上あった。みなさん昔の曲を今の曲としていとおしそうに歌っていた。印象に残ったのは高田渡さんの「自転車にのって」と「生活の柄」。かわいい毛糸のジャケットベストを着てたんたんしみじみ歌っていた。小室等さんたちの「まるで六文銭のように」の歌も。猫さんの「地下鉄にのって」も。鈴木康博さんが山本潤子さんたちと歌った「パフ」というアメリカンフォークもよかった。Puff the magic dragon Lived by the seaというフレーズが心に残った。マジック・ドラゴンとは何なのだろう。気になる。それで何より懐かしかったのが伊勢正三さんの歌う「22才の別れ」。私のなかの22才の別れが思い出されて、ほんとじんときて泣けた。

|

« 『使いみちのない風景』 | トップページ | きょうは »

コメント

chiikoさん、
おはようございます!
昨日はNHKでフォークソング名曲集をしてましたか。
見たかったな。
伊勢正三さんの22才の別れは、実は私も実体験です。
chiikoさんと同じですね。
唄とともに、青春時代の思い出が蘇りますね。
あ!今も青春してます。(^^ゞ
というか、いつまでもしていたいです。

投稿: うさうさ | 2005.02.14 10:20

おっ〜と、大胆な模様替えですね。
びっくりです。
そしてフォークソングの番組も観られたんですね。
自分のところはBS見れないのでとても残念です。
渡も出てたんですね。
その他小室さんとか猫とか山本潤子さんとか。
パフは以前にも紹介したことがあるんですが
PPM(ピーター・ポールアンドマリー)という
フォークグループの有名な曲ですよ。
魔法の龍が湖に住んで…というお話で。
後でトラバしますね。
『22才の別れ』もいいですね。
猫にいた大久保さんと『風』という
グループを結成したんですよね。
それからこの曲は、『昨日、悲別で』の
テーマ曲でもありました。

投稿: face | 2005.02.14 12:16

うさうささん、こんにちは!
この番組、見ていて楽しかったですよ。
懐かしい曲もたくさん出てきて、
画面の下のほうに歌詞が表示されるので
一緒に口ずさんでました。
22才の別れ、実体験されているんですね。
また新たな共通点ですね♡
過ぎてしまえばみな美しい。
青春っていいですね。今も飛び出せ青春。
これからも青春。ではまた!

投稿: うさうささんへ | 2005.02.14 13:22

faceさん、こんにちは!
このデザイン、きのう見つけてちょこっと変えてみました。
faceさんと同じグループのデザインのようです。

高田渡さん揺るぎない感じで存在してました。
私、歌うところはたぶん初めて見ました。感激しました。
それで「パフ」。以前に記事を書いていたのですね。
教えていただいてありがとうございます。
私はまだまだfaceさんの大ファンではありませんね。
思い出せませんでした。感激の連鎖の後半部分のことは覚えていたのですが。
「パフ」は有名な曲なんですね。
私は今回初めて聴きましたが、初めて聴いたような気がしませんでした。でも、どこかで聴いていたのかも。
歌詞が英語なのでよくわからないながらも、とても印象に残りました。好きになって、口ずさめるほどになりました。だからきょうわけもわからず記事で書きました。
それで「22才の別れ」。「昨日、悲別で」のテーマ曲だったのですね。これもまた知りませんでした。
私の記憶の不足部分をきょうはfaceさんに埋めていただいたようで、とても感激しています。
どうもありがとうございます。
これも小さな小さな感激の連鎖なのでしょうね。
トラックバック&コメント、ありがとうございます。
ではまた☆

投稿: faceさんへ | 2005.02.14 14:51

chiikoさん、こんばんは!
この番組、見たかったな~。
山本潤子さん、声がきれいでとっても上手ですよね。
赤い鳥というグループで「翼をください」を歌っていたんです。透明感があっていい感じです。

最近、このような70年代の歌がよく聞こえているような気がするんだけど、今また新鮮なのかもしれませんね。
ではでは。


投稿: えーこ | 2005.02.14 19:39

chiikoさん,こちらにも一言書かせていただきます。

5人だった赤い鳥が,Hifi Setと紙風船に分かれ,後藤夫妻(紙風船)と山本夫妻(Hifi Set)の中で一人残った大川茂氏(Hifi Set)はどうするんだろうと思っていたら,妙な事件を起こしてしまわれました。(このサイトにそぐわない週刊誌ネタで失礼)

番組はどんな構成だったのでしょう?自分としては,懐かしい歌は聞きたいのですが,それを繰り返しているだけではダメかなと思っています。そういう意味で,70年代初頭のフォークブームが一段落してからも,日和ったり自分の殻に閉じこもったりせずに,曲を作り続けていると感じられる小室等氏を評価しています。

投稿: なも | 2005.02.14 23:44

えーこさん、おはようございます!
山本潤子さんの声、歌い方、私も好きですよ。
今も昔と変わらず澄んだ歌声でした。
「翼をください」はいい歌ですよね。
私、ハイファイセットの「ファッショナブル・ラヴァー」というアルバムが好きです。
荒井由実氏作詞・松任谷正隆氏の曲もあったり
ハイファイセット作詞作曲の曲もあったりします。
ではまた!

投稿: えーこさんへ | 2005.02.15 07:18

なもさん、おはようございます!
この番組、私にとっては懐かしさと同時に新しい発見がありました。
半分は私の知らないことがありました。
アメリカンフォークを聴いて育った人たちが日本のフォークの最初をつくり、それが今につながっているというふうな音楽の流れを感じることができました。
なかでも小室等さんは番組の中で新しい風のような存在でした。私の思っていた小室等さんのイメージとはちょっと違っていて、意外でした。
その新しさを感じた理由が、なもさんのコメントを拝見して少しわかったような気がします。
ではまた!

投稿: なもさんへ | 2005.02.15 07:29

chiikoさん,20日遅れでようやく再放送を見ましたので,その感想記事から,勝手ながらトラックバックを送らせていただきました。

投稿: なも | 2005.03.06 21:53

なもさん、おはようございます!
きのうまた再放送してましたね。
私はチャンネルをカチャカチャしていたら
偶然見つけました。
「パフ」。ふたたび聴いて心が踊りました。
トラックバック、ぜひ送ってください。
どうもありがとうございます。
ではまた!

投稿: なもさんへ | 2005.03.07 07:24

トラックバック,コメントと同時に送らせていただいたのですが,不調に終わったようで,今もう一度やったら,うまくいきました。

読み返したら,自分で興奮していただけで,大したことは書いていませんが・・・

投稿: なも | 2005.03.07 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/2919994

この記事へのトラックバック一覧です: 「永遠のフォークソング名曲集」:

» 感激の連鎖 [な〜んちゃって通信]
 フォークソングの名曲ピート・シーガーの『花はどこへ行った』はショーロホフの小説 [続きを読む]

受信: 2005.02.14 12:18

» 「永遠のフォークソング名曲集」 [さぶいなもさん]
ついに見ました。NHKに問い合わせたら,「6日に再放送するけど,予定変更もあるか [続きを読む]

受信: 2005.03.07 17:47

« 『使いみちのない風景』 | トップページ | きょうは »