« 「かもめはかもめ」 | トップページ | なぜ »

2005.01.23

『夢で会いましょう』

『夢で会いましょう』
村上春樹さん&糸井重里さんのエッセイ共著。カタカナ言葉をテーマに、それぞれがランダムに書き、夢のなかでひとつに溶け合っているようなフシギ&オモシロ本。 おふたりとも謙虚に自分の個性を主張していて、読んでいて心地よい。各ショートショートの最後には村上さんのMマーク、糸井さんのIマークがついている。これはMかな、これはIかなと想像しながら読めるのもまた楽しい。出版当時はコピーライターという職業がはやっていた。糸井さんをはじめ林真理子さんもコピーライター出身で、私もなりたいとひそかに思っていたが、ならなかった。なれなかった。短歌は私のコピーのようだ、と最近私はひそかに思っている。あるいは私の一日一言感想文のようなもの。
これからも私のコピーひらめいてもっとたくさんできますように

|

« 「かもめはかもめ」 | トップページ | なぜ »

コメント

chiikoさん、こんにちわ!
村上春樹さん&糸井重里さんのエッセイ共著が
あるのですね。
最近はあまり本を読まなくなって・・・。
娘が持っていた上大岡トメさんの「キッパリ!」を
お正月に読んだくらいかな。
chiikoさんのコピー、いっぱい楽しみにしてますよ。

投稿: うさうさ | 2005.01.23 14:28

うさうささん、こんにちは!
私も前ほど本は読まなくなりました。
この本も最初に読んだのはもうはるか昔のことです。
「キッパリ!」私は本屋さんで立ち読みしました。役立つ本ですよね。
本の中の項目で私も似たようなことをしているなと思ったことがいつかありました。
アイメークをきちんとするというようなことが書いてありましたよね。
私も何はともあれアイメークだけはきちんとするようにしています。
コピー、これからもつくっていきますね。ではまた!


投稿: うさうささんへ | 2005.01.23 15:42

はじめまして♪

この本、初期の村上春樹さんらしさが出ていて
面白いですよね。
村上春樹さんもすごいけど、コピーライターの糸井さんも天才! 考えてみれば、ものすごい二人の本ですよね。

またこんな企画、できないものでしょうか?


投稿: 金の猿(金さる) | 2005.01.23 21:41

金の猿さん、はじめまして。
トラックバック&コメントありがとうございます。
この本、ものすごくいいですよね。
読まないとこのフシギさはわからないし
読んでもフシギのなぞはとけないような
おもしろい本ですよね。
私もこれは夢のような企画だったと思います。
もうすぐ春樹さんの新刊本が出るんですね。
私、知りませんでした。楽しみです。
ではまた!


投稿: 金の猿さんへ | 2005.01.24 06:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/2665574

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢で会いましょう』:

» 『夢であいましょう』とはどんな本? 村上春樹さんと糸井重里さんの不思議な本について。 [ノルウェイの森と金の猿 ~100%村上春樹ヴァージョン~]
『夢であいましょう』は対談集ではない。 けれど、じゃあ何なんだ?と言われると、僕 [続きを読む]

受信: 2005.01.23 21:43

« 「かもめはかもめ」 | トップページ | なぜ »