« 舟をだす | トップページ | 「かもめはかもめ」 »

2005.01.23

ときどきは

ときどきはプラグをぬいてアースしてそらをみあげてじぶんかいふく

|

« 舟をだす | トップページ | 「かもめはかもめ」 »

コメント

こんばんは

chiikoさんのこの短歌に共感してしまいました。
あすなろの詩、12月7日号にあるように、
前の住まいであった頃は
特に子供達の為にと
懸命に連日メーターを振り切ってまで
頑張っていました。

通学路における、
信号機の設置要望活動や、
信号機の子供達が渡る時間に合わせての
信号機の待ち時間を短くする為に
直接県警の交通管制センターの偉いさんに直談判
したり、普通は設置が困難?
な三叉路への『止まれ』の標識を
これまた直談判よって
二基同時設置を実現させたり、
すべて一人の行動から出発しました。
まあ実現を見ることばかりではありませんでしたが…
昨年度は地元小学校のPTA会長まで引き受け
皆の為にも腐心しました。

今は燃え尽き
「あの頃は一体なんだったのだろう」と
自問自答したりすることもあります。
今も自分回復は一進一退…
最近出逢わせて頂いた
あなたのこのコーナーで癒されつつあり
とても感謝しています。

さて
この『夢の架け橋』は
12/7号にある信号機のすぐ近くにある
川に架かった人道橋で
なんと分校して創立以来の30年余の悲願達成
とも聞きます。
ちょっとあまりといえばあまり…
息の抜きすぎ、手の抜きすぎ…
誰を見て政をしているのかねぇ…

それではおやすみなさい。。。

投稿: トシャ丸先生 | 2005.03.03 01:37

トシャ丸先生さん、おはようございます!
以前の短歌も読んでくださったのですね。
共感していただいてありがとうございます。

トシャ丸先生さん、燃え尽きた思いがあるんですね。
それで今は自分回復中なんですね。
私もですよ。
自分回復はいろいろな場面でできるんだなと
思っています。
自分のことを大切にしたいなと思います。

トラックバック&コメントありがとうございます。
30年の悲願。願いが叶ってよかったですね。
願いは叶えるものですよね。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!


投稿: トシャ丸先生さんへ | 2005.03.03 07:06

chiikoさんこんばんは
やっと心がほぐれてきましたが…
でもやっぱり自分は
結局はこうなってしまうんですね。(笑)

投稿: トシャ丸先生 | 2005.03.04 19:28

トシャ丸先生さん、こんばんは!
心がほぐれてきたんですね。
よかったですね。私もうれしいです。
静かに燃える歌ですね。
表現して自分を回復されているのでしょうか。
私もそうなんですよ。
トラックバック、どうもありがとうございます。
また送ってくださいね。ではまた!

投稿: トシャ丸先生さんへ | 2005.03.04 20:49

chiikoさんおはようございます。
すみません、
勝手に一杯トラックバック送ってしまって…
最近の10個の中の半分が私…
申し訳ないです…

でもね
表現を、また表現で返してくれる…
それがたまらない魅力なんですよ。
私の短歌なんて誰も振り向いてくれませんから(笑)
これからもできるだけ目立たず
お邪魔にならないようにしたいと思います。
でもやっぱりちょっと無理かも。(笑)
すみません、
今後ともよろしくお願いいたします。(^;^)

投稿: トシャ丸先生 | 2005.03.05 06:19

トシャ丸先生さん、おはようございます!
コメント欄もトラックバック欄もいつも新鮮なほうが楽しいので、これからもよろしくお願いいたしますね。
そちらへなかなか伺えなくて申しわけありません。
いつも拝見しています。
表現する時は勇気もいるし、時には苦しくなることもありますよね。
そこを越えて表現できたときには、ただそれだけでうれしいです。
ブログという表現の場があってよかったなと思います。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!

投稿: トシャ丸先生さんへ | 2005.03.05 07:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/2665466

この記事へのトラックバック一覧です: ときどきは:

» 夢の架け橋 [あすなろの詩]
待ちに待った夢の架け橋ができる。 でもこれは主に通学の安全を図るものとして造られ [続きを読む]

受信: 2005.03.03 01:44

» 燃え尽きても… [あすなろの詩]
たれがため     燃えて燃やして燃え尽きる        炎の心 岩となりて [続きを読む]

受信: 2005.03.04 19:28

« 舟をだす | トップページ | 「かもめはかもめ」 »