« 十年ひと昔というけれど | トップページ | 内野聖陽さん »

2005.01.18

恋のため

いちにちをただ恋のためいきていたコーヒーミルにのこる思い出

|

« 十年ひと昔というけれど | トップページ | 内野聖陽さん »

コメント

せつなくて
  せつなくて
    せつなくて詠む 想い出のフォトアルバムの中
                       としみつ

投稿: トシャ丸先生 | 2005.03.09 02:08

トシャ丸先生さん、おはようございます!
いつもトラックバックありがとうございます。
いつも楽しみにしています。
(記事のタイトルがついていませんが、これでよろしいのですね)

「引き裂かれた愛」があるのですね。
私には引き裂かれた愛はありませんが、
引き裂いた愛はあります。

としみつさん、どうもありがとうございます。
フォトアルバムは歌の宝庫、歌の源泉ですね。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: トシャ丸先生さんへ | 2005.03.09 06:40

chiikoさんおはようございます。
そんな格好のいいものではなくて、
結局は別の自分が引き裂いたのかも知れません。
叶えてはいけない愛だったから…
そう想わなければやり切れなかった…

投稿: トシャ丸先生 | 2005.03.09 11:30

トシャ丸先生さん、こんにちは!
ご自分で引き裂くのはつらかったでしょう。
叶えてはいけない愛だったのですね。
そういう愛もあるでしょうね。
もしかしたら悲しい両想いだったのでしょうか。
じーんときます。せつないです。
ではまた!

投稿: トシャ丸先生さんへ | 2005.03.09 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/2611951

この記事へのトラックバック一覧です: 恋のため:

» アルバムの中の肖像 [あすなろの詩]
 雪の多かった今年の冬…  春遅い越前海岸の水仙はもう咲いているだろうか…    [続きを読む]

受信: 2005.03.09 11:36

« 十年ひと昔というけれど | トップページ | 内野聖陽さん »