« ひらひらひらと | トップページ | 初詣&街歩き »

2005.01.02

春を待つ

南天の赤い愛の実 春を待つ 白い野に咲く凍える花と

|

« ひらひらひらと | トップページ | 初詣&街歩き »

コメント

なんてけなげな歌でしょう。
そしてなんて強いのでしょうか。
本当の愛は決してゆるぎないもの。
でもちょっぴり見失いやすいもの…

投稿: トシャ丸先生 | 2005.03.20 01:05

トシャ丸先生さん、おはようございます!
どうもありがとうございます。
けなげですか。我ながらいたいけな歌。
本当の愛はほんとう揺るぎないものですよね。
でも、おっしゃるとおり
時々ゆくえ知らずになります。
どうしたものでしょう。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko(トシャ丸先生さんへ) | 2005.03.20 07:43

懸命に二人の愛のともしびを ある日消し合い火の大きさを知る
としみつ

投稿: トシャ丸先生 | 2005.03.21 02:56

トシャ丸先生さん、おはようございます!
この短歌、とてもいいです。
私のいまの心に響きます。
愛のともしびはそうそう消えるものではありません。
永遠に消せない愛のともしびは僕のともしび君のともしび

ではまた!

投稿: chiiko(トシャ丸先生さんへ) | 2005.03.21 07:27

chiikoさんこんにちは

…この短歌、とてもいいです。
私のいまの心に響きます…

ああなんて爽快感でしょう。
「えーうそ~!」
と最初想いましたもん。
「やったー、心に届けられたんだ!」
と次に顔がとりとめもなく緩んでしまいました。
でも
本当にこんなこと言われることはまずありませんから…
「君の詩は独り善がりなんだよ」
とはよく言われます…
やっぱり自分はダメなのかもしれない…
と、その度に落ち込んだものでした。

でも今日はうれしい!!!!!!!!!!
とてもハッピーな気分で過ごせそうです。
ありがとうございました。

心から喜べるとき何もかも忘れてうたた寝をするの
                      としみつ

投稿: トシャ丸先生 | 2005.03.21 15:14

トシャ丸先生さん、こんにちは!
本当にとてもよい短歌だと思いました。
短歌や詩は、そもそもが独り善がりなことを
書くことではないかと私は思っています。
それがいつか誰かの心に響けばよいなと
私は思っています。
これからも書いていってくださいね。
私も書いていこうと思います。
今、うたた寝をしていらっしゃるんですね。
ではまた!

投稿: chiiko(トシャ丸先生さんへ) | 2005.03.21 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/2450088

この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つ:

» それでも愛がなければ… [あすなろの詩]
                 愛されて                   [続きを読む]

受信: 2005.03.20 01:11

« ひらひらひらと | トップページ | 初詣&街歩き »