« 一陽来復の日 | トップページ | 長い夜 »

2004.12.21

君にのびゆく

このあさの一陽来復ひのひかり一瞬ごとに君にのびゆく

|

« 一陽来復の日 | トップページ | 長い夜 »

コメント

朝のひとすじの光。
眩しくて
冷たくて
ちょっと暖かい。
そんな感じでしょうか。

君にのびゆく。
ロマンチックな言葉です。

投稿: げんきなんでも | 2004.12.22 02:45

げんきなんでもさん、おはようございます!
冬至の朝の太陽は、いつもとはちょっと違う、とくべつな感じがしました。
げんきなんでもさんのおっしゃる感じに近いと思います。
君にのびゆく。ロマンチックとのお言葉ありがとうございます。
では、また!

投稿: げんきなんでもさんへ | 2004.12.22 07:21

今日はこの短歌をお借りします。
一週間ほどずれましたが、今のうちにお借りしておかないと。
では、また。

投稿: アキラ | 2004.12.27 19:57

アキラさん、こんばんは!
冬至からまだ一週間もたってないなんて、うそのような本当の話なんですね。
もう随分前のことのように感じます。
今年も残り少なってきました。
もう一度あの日に戻りたいです。
ということで、使っていただけるのですね。
来年の冬至までお蔵入りでもよいですよ。
ありがとうございます。では、また!

投稿: アキラさんへ | 2004.12.27 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/2333201

この記事へのトラックバック一覧です: 君にのびゆく:

« 一陽来復の日 | トップページ | 長い夜 »