« キューピット | トップページ | 一陽来復の日 »

2004.12.20

「紙風船」

ochibaaoihikarino夕焼け通信のアキラさん撮影の写真に私の言葉を添えていただきました。マイフォトのお気に入りの写真with言葉に載せさせていただきます。アキラさんの新しいブログ写真と文字にも「落ち葉」 「青い光の」 が掲載されています。「落ち葉」は、私が写真を拝見して言葉を書き、「青い光の」は、私の言葉を見て写真を選んでいただきました。「青い光の」の写真と文字を最初見た時、とても思いがけない感じがしました。新しい青い光をあびたような感じです。

黒田三郎さんの詩をこの日この時書き記しておきます。

     「紙風船」
     落ちてきたら
     今度は
     もっと高く
     もっともっと高く
     何度でも
     打ち上げよう
     美しい
     願いごとのように

             『黒田三郎詩集』より  

|

« キューピット | トップページ | 一陽来復の日 »

コメント

chiikoさん、こんにちわ!
青い光の、
「期待きらきらことしこそ・・・」、
写真とchiikoさんの言葉がぴったりで、
今の時期に聞くと、来年を思います。
今年も、もうすぐ終わりですものね。
また、来年もきらきら輝く年になるよう
願いたいものです。

投稿: うさうさ | 2004.12.20 12:12

うさうささん、こんにちは!
感想、どうもありがとう。
来年のことを思いましたか。
うさうささんは明るい未来を見ているのですね。

もう来年のことを思い始める時期ですよね。
きょうスーパーで納豆を買ったら賞味期限が1月1日と書かれていて、今年とももうしばらくしたらお別れなのかなと、ちょっと寂しくなりました。
来年もきらきら輝く年にしたいですね。
今年もきらきら輝く年にしたいと思います。
では、また!

投稿: うさうささんへ | 2004.12.20 17:29

初めまして。現在,栃木の県北(ケンポク)に住む生粋名古屋人です。まだ,この記事しか読ませていただいていないので,勘違いや失礼があったらお許し下さい。

この「紙風船」という詩,私は「赤い鳥」※の同名の歌の歌詞として知っていました。(※その後「ハイファイセット」と「紙風船」に分かれ,今はそのどちらも活動していないと思いますが,1970年代初めに活動していたフォークグループです。)

黒田三郎の詩だと分かると,余計に意味深さを感じてしまいました。これから,ゆっくりほかの記事も読ませていただきます。

投稿: なもさん | 2004.12.20 20:00

なもさんさん、こんばんは!
「赤い鳥」が歌っていた「紙風船」聴いたことがあります。
私はリアルタイムでは知らないのですが、とてもよい歌ですよね。
私は赤い鳥についてはあまり知らないのです。コンテストで赤い鳥が1位、オフコースが2位だったということは、オフコースのファンだったので知っています。
私は黒田三郎さんが一番好きな詩人で、この詩と「ある日ある時」がとくに好きです。
なもさんさんはフォークソングがお好きなのですね。
私もフォーク&ニューミュージックが好きです。
これからもいろいろと教えてください。
きょうは訪問&コメントありがとうございます。
では、また!


投稿: なもさんさんへ | 2004.12.20 21:40

「ある日ある時」というのは,ひょっとしたら,

<秋の空が青く美しいという,ただそれだけで何となく,いいことがありそうな,そんな気がする,時はないか。・・・>

という詩だったでしょうか。(ここが勘違いだとすると,全くお話にならないのですが,構わず続けます。)だとしたら,中学校時代に気に入って,自己流で曲をつけたことがあります。(もちろん,ピアノも弾けないし,コードも知らないので,でたらめでしたが。)

投稿: なもさん | 2004.12.21 12:49

サイトを良く見渡さずにコメントを書いて申し訳ありません。「ある日ある時」も載せてくださっていたのですね。何かの御縁かなあなんて思ってしまいます。(一昔前なら「若いのに」といえたのですが,当方新年は年男です。)

キャロル・キングもお好きなのでしょうか。これも趣味が合ったようです。

投稿: なもさん | 2004.12.21 12:57

なもさんさん、こんにちは!
黒田三郎さんの「ある日ある時」に曲をつけて歌っていたのですね。黒田三郎さんの詩が相当お好きなのですね。この御縁は大切にしたいと思います。本当によろしくお願いします。来年は年男さんなんですね。きらめきの年ですね。
キャロル・キングは時々聴きます。ちょうど昨夜も聴いていて、「つづれ織り」について書こうかなと思っていたところです。不思議な符合。シンクロですね。
私はその日ふと思いついたことをふらふらと書いています。
そのときに目についた記事を読んでいただけたらと思います。
では、また!

投稿: なもさんさんへ | 2004.12.21 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/2320552

この記事へのトラックバック一覧です: 「紙風船」:

« キューピット | トップページ | 一陽来復の日 »