« 上り坂 | トップページ | 余りのような日々 »

2004.12.23

ひかり

見すごされた 闇に
どうしようもない 闇に
ひとときの希望
ぼくは きみの名を呼ぶ

忘れさられた 闇に
たったひとりの 闇に
ひとすじの希望
ぼくは きみの名を呼ぶ

ひかり

|

« 上り坂 | トップページ | 余りのような日々 »

コメント

こんばんは、chiikoさん。
きのう二つの詩が出来たのですが、どうして出来たのかわからないでいたら、chiikoさんのこの「ひかり」という詩からと夕焼け通信のアキラさんの「輝き」という作品からできたのがわかりました。どうもありがとうございます。
心の中にこの詩が刻まれていたんだと思います。今、読み返してみるとこの詩が僕のいろいろな詩に影響を与えてくれたことがわかりました。ひかり、希望、いいですね。
あと、トラックバックもさせてもらいました。
じゃ、また。

投稿: とろやま太陽 | 2005.04.27 22:14

とろやま太陽さん、おはようございます!
とろやま太陽さんの2つの詩を読んだときに
この「ひかり」を思い出しました。
とろやま太陽さんのなかではどうして出来たのか最初はわからないでいたんですね。詩とはそういうものなのかもしれませんね。

私のこの詩はアキラさんの「ひかり」という写真とポール・エリュアール氏の「自由」という詩から出来た詩です。
自分の詩のなかでも1番目か2番目に好きな詩です。
12月31日のchiiko通信「ソロ&ハーモニー」という記事のなかで、アキラさんとの共作も発表しています。
翌日1月1日にとろやま太陽さんから初めてコメントをいただいて、そして今とろやま太陽さんの「ヒカリ」へとつながって、トラックバックとコメントをいただいて、ああすべてはつながっているなと感じます。

どうもありがとうございます。
ではまた!

投稿: chiiko(とろやま太陽さんへ) | 2005.04.28 07:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/2346929

この記事へのトラックバック一覧です: ひかり:

» あなたの言葉 [とろやま太陽]
あなたの言葉がヒカリという名になって わたしを照らす やがて集中し わたしのハー [続きを読む]

受信: 2005.04.27 22:15

» ヒカリ [とろやま太陽]
君の名はヒカリ 近づきたいのに近づけない そのまぶしさは 僕だけのものにならない [続きを読む]

受信: 2005.04.27 22:16

« 上り坂 | トップページ | 余りのような日々 »