« 「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」 | トップページ | 何となく思ったこと。 »

2004.11.16

からっぽにならない

   泣いても泣いても 心はからっぽにならない
   思いはあふれて どんどんいっぱいになる
   泣いて泣いたら 頭はからっぽになった

   頭はからっぽになっても 心はからっぽにならない
   泣いたからわかったこと 涙ってあなた涙ってわたし
   夜の涙は星になり 朝の涙は光になる


きのう東京では木枯らし一号が吹きました
きょう青空が見えますように 星空が見えますように

|

« 「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」 | トップページ | 何となく思ったこと。 »

コメント

この詩は素敵ですよね。本当に泣いて頭が空っぽになるですよね。だけど、心は空っぽじゃない。すごい表現です。

投稿: kevin (hi) | 2004.11.16 11:17

Hi Kevin!!
どうもありがとう~
Kevinさんは泣いたりしますか。
私は時々泣きます。
涙って突然やってきて、突然去っていきますよね。
心ってなかなか空っぽにならないです。

最近、寒くなってきましたね。
風邪などひいていませんか。
暖かくして過ごしてくださいね。では、また!

投稿: chiiko(kevinさんへ) | 2004.11.16 16:38

僕も最近涙もろくなってきました。
テレビドラマくらいですぐに泣きます。
どうしてでしょう?
加齢とともに涙腺が弱くなるのか。
chiikoさんの詩を見てふと、
「遠き山に日は落ちて」を思い出しました。
なので、今日の写真には、その歌詞を載せて見ました。
では。

投稿: アキラ | 2004.11.16 20:04

アキラさん、こんばんは!
アキラさんも泣き虫なんですね。
私は男の人が泣く姿を実際に見たことがほとんどありません。
そばで泣かれたらどんな気持ちがするのでしょうね。
未知の世界です。
今、写真を拝見してきました。
きょうも一日なし終えましたね。ご苦労さまです。
優しい夕焼けですね。
今、星がとてもきれいです。では、また!

投稿: chiiko(アキラさんへ) | 2004.11.16 21:20

こんばんは〜。
泣いても心がからっぽになならい時があるかもしれないですね。
ちがうかもしれないけど。
そして矛盾してるかもしれないけど。
だいたいは泣くと少しは洗い流されていく。
でもそれも一時的なことだというのがわかりすぎている時。
そうゆう長い時間をかけなければ悲しみが去らないのが
わかっているとき。
その時間をどう過ごそうかという思いが襲ってくる時。
それは悲しみが深いときかもしれませんね。

今空は晴れてます。誰かが泣いた跡の星も見えます。
そしてその星は明日の朝の光になるといいですね。

投稿: face | 2004.11.16 21:56

faceさん、おはようございます!
faceさんのおっしゃっていること何となく伝わります。
とくに何か決定的に悲しいことがあったわけじゃなくて
何となく悲しみが突然にやってきたような時。
その悲しみの理由は、何となく自分ではわかっているけど
どうしようもないとき、泣くことがありますね。
ほんと泣くと少しは洗い流されていきますね。
心についたちりやほこりを取り除いてくれます。
自分で自分を洗っているのかもしれませんね。
faceさんの「ワレモコウ」という詩を今、思い出して
もう一回読んでみたら「泣くことで新しい私があらわれる」と書いてありました。
これが私には「現れる」ともう1つ「洗われる」に思えてきました。
私の勝手な解釈ですね。
お忙しいところ、訪問&コメントありがとうございます。
きょうもよい天気ですね。では、また!

投稿: chiiko(faceさんへ) | 2004.11.17 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1975336

この記事へのトラックバック一覧です: からっぽにならない:

« 「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」 | トップページ | 何となく思ったこと。 »