« 永青文庫 | トップページ | 思うこと »

2004.10.26

『螢』

きのう永青文庫の記事の中で和敬塾について少し書きました。和敬塾は村上春樹さんの小説『螢』の舞台になったとされる学生寮です。昨晩、久しぶりに読んでみました。

短い小説です。僕と彼女と彼の話です。僕にも彼女にも彼にも名前がついていません。見えない気持ち、伝わらない言葉、2人なのに1人、1人なのに2人、2人なのに3人のような関係、好きと愛するの間のような感情、生と死のまじりあう世界が描かれています。状況と言葉は小説の中で示されるけど、問いだけが残り、答えはわからないまま、物語は始まって終わります。終わっても終わらない物語です。

僕と彼女は、高校時代、彼が一度席を外してしまうと、うまく話すことができなかったけれど、彼が死んでこの世からいなくなり、東京で再会すると、次第に話すことを見つけて、うまくしゃべることができるようになります。でも、結局、彼女は「さよなら」の手紙を残して僕の前から消えていきます。蛍のような一瞬の光の軌跡を闇のなかに残して。

『ノルウェイの森』にはキズキも緑も出てきて、僕と彼女にも名前がつけられます。問いに対する一応の答えも示されます。でも、私は『螢』の世界そのままで好きなのです。小さくてささやかで不完全な世界だけれど、すべてがそこに含まれて完結しているような気がするからです。読むたびにいろいろなことを思います。私の求めているものは、いつも私が手をのばした指のほんの少し先にあります。

私は村上さんの小説のなかで『螢』が一番好きです。なぜ好きなのか自分でもよくわからないし、人にもうまく伝えられないので、今まで記事を書きませんでした。今回書いてみたのですが、やっぱり好きな本のことはうまく書けません。でも、書けてよかったです。好きなものは、どうしたって好きなのだとよくわかりました。

ただいま知恵蔵さんのblogで「あなたの震撼本」企画開催中です。何の本を選ぼうか迷いましたが、この本しかないと自分自身でよくわかったので、トラックバックを送らせていただきます。かつて私を深く揺さぶり、今も揺さぶり続けている本です。

あなたの震撼本

|

« 永青文庫 | トップページ | 思うこと »

コメント

chiikoさん早速TBありがとうございます。

村上春樹さんの本は『ノルウェイの森』が
一番最初なんですが、一番好きです。
あの心の心理描写。たまらないです。

『螢』。短編なんですね。
読んだことがないので是非読んでみたいです。

投稿: 知恵蔵 | 2004.10.26 22:04

chiikoさん、こんばんは。
こちらで知恵蔵さんの企画を知りまして、わたしもTBさせていただきました。(*^_^*)

村上春樹さんは、わたしは一作品も読んだことがありません。
『ノルウェイの森』数行で挫折して以来、ご無沙汰です。お好きなかたには信じられないことでしょうけれど…。

でも、chiikoさんの記事を拝見し、わたしも『蛍』を読みたくなりました。短編というのも魅力です。苦手意識を払拭してくれそうで。
そうしたら、次は好きな人が勧めてくれている『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』を読もうと、買ってはいるので、頑張ろうと思います!
これを機会に新たな世界に挑戦です。

では、また!

投稿: ぽち | 2004.10.27 02:38

知恵蔵さん、おはようございます!
「ノルウェイの森」が一番好きなのですね。
私も好きですよ。「螢」で感じた謎がひとつひとつひもとかれていく感じでした。

「ノルウェイの森」の二章、三章がほとんどそのまま「螢」です。微妙に違っています。その違いも読むとまた楽しいと思います。
では、また!

投稿: chiiko(知恵蔵さんへ) | 2004.10.27 07:27

ぽちさん、おはようございます!
「ノルウェイの森」の最初の数行で挫折した気持ち、何となくわかります。ちょっときざな感じがしますよね。もし私も「ノルウェイの森」に最初に出会っていたとしたら、読まないで放置していたかもしれないなと、ぽちさんのコメントを読んで思いました。私の場合、「螢」を先に読んでいたので、この後、3人が出てくるんだなとわかっていたので、先にどんどんと読み進めていったのだと思います。もうはるか昔の記憶なので、そのあたりは霧のなか状態です。
「螢」はせつないですけど、人を思う気持ちがじんじんと伝わるよい作品です。いつか読んでみてくださいね。

好きな方が『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』を勧めてくれているのですね。それって幸せなことですね。うらやましいです。では、また!


投稿: chiiko(ぽちさんへ) | 2004.10.27 07:35

『蛍』というのは読んだことはありません。
『ノルウェーの森』の元になった作品ですか?
『ノルウェーの森』は大好きで、すごく感激して
3回くらいも読んだかな〜。
村上春樹の小説で読んだ中では一番好きです。
これ以上に胸切なくなる小説も少ないですね。
自分は、緑ではなく精神を病んだあのの女性が
好きでした。
名前を忘れてしまいました。
そして解説本みたいなのも読みました。
なんか難しいことがたくさん書いてありました。

投稿: face | 2004.10.27 21:20

faceさん、引き続いてこんばんは!
『ノルウェイの森』が大好きなんですね。
ビートルズの歌があることをこの小説を読んで初めて知りました。
「ノーウェジアン・ウッド」っていい曲ですよね。
もうひとりの女性は直子さんです。
緑さんも魅力的な女性だけど、私も直子さんに引かれます。
『螢』の彼女は直子さんです。
私は春樹さんの本の解説本はほとんど読んだことがありません。難しいことってよくわからないですよね。
では、また!

投稿: chiiko(faceさんへ) | 2004.10.27 21:31

chiikoさん、こんばんは。
『螢』をようやく読むことができました。なぜか本屋さんになかなかなかったのが不思議です。
せつなく、人を思う気持ちがじんじんと伝わるよい作品……まさにそういう作品でした。終わらない終わり…。ラストのシーンがいいですね。
続けて読んだ『納屋を焼く』も、またよかったです。
エッセイなら入りやすいかと、ついでに『村上ラヂオ』も買ってみました。その次あたりに『世界の終わりと~』を読みたいです。
では、また!

投稿: ぽち | 2004.11.10 03:07

ぽちさん、おはよう!
『螢』読んだんですね。終わらない終わり、ほんとそうです。
終わらないからいいのです。恋も終わらない恋がいいのです。
私の感想、伝わりましたでしょうか。そうならばうれしいです。
『村上ラヂオ』も買ったんですね。春樹さんに話しかけられているような素敵なエッセイです。歩さんの絵、あたたかですよね。
『世界の終わりと』読み終わるのも楽しみですね。これでいよいよ好きな人と感想を共有できますね。では、また!

投稿: chiiko(ぽちさんへ) | 2004.11.10 07:38

「小さくてささやかで不完全な世界だけれど、すべてがそこに含まれて完結しているような気がする」というのは同感です。「沈黙」とか「トニー滝谷」とか,短編でいい小説って結構ありますよね。「蛍」は私も大好きです。

投稿: NJ | 2005.08.08 12:14

NJさん、はじめまして。
「螢」は私のなかではとても完結した世界なので、「ノルウェイの森」を読んだときは、パラレルワールドを読んでいるようで、ものすごく錯覚して動揺した覚えがあります。
「沈黙」はとてもすばらしい作品ですよね。
コメントどうもありがとうございます!

投稿: chiiko(NJさんへ) | 2005.08.08 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1780228

この記事へのトラックバック一覧です: 『螢』:

» 蛍・納屋を焼く・その他の短編:村上春樹 [100歳の知恵蔵(心)]
【 知恵蔵への影響度 : ★★★★(5段階) 】 【 みんなの書評: Amazon | bk1 】 [続きを読む]

受信: 2004.11.02 17:45

« 永青文庫 | トップページ | 思うこと »